logo

有村架純の分身「かすみドール」が失踪!? 行き先はユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R) 有村架純とかすみドールが愛くるしい!シェア旅 第2弾

株式会社 東芝 2015年12月22日 15時55分
From PR TIMES

女優・有村架純さん出演の東芝のパーソナルストレージ新CM!キャンペーンWEBサイトには長尺ムービーも公開!

株式会社東芝(本社:東京都港区)は、写真が送れるSDメモリカード「FlashAir」ほか有村架純さんがキャラクターを務めるストレージ製品のキャンペーン『かすみドールのシェア旅』第2弾として「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)」篇を12月22日より開始致します。



[画像1: リンク ]

 前作の「ハワイ篇」と同様に、有村さんにそっくりの可愛らしい人形「かすみドール」が登場し、有村さんの代わりにユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)を訪れ、撮影した思い出の写真と動画を皆でシェアする企画になっております。WEB動画は、全5篇(憧れ篇/失踪篇/再会篇/帰郷篇/周遊篇)と継続して楽しめる構成となっております。

 初回は、かすみドールが“シェア旅3種の神器”(「FlashAir」「TransferJet」「CANVIO」の3つの製品)を備え、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)に出発するという『憧れ篇』を公開致します。併せて『失踪篇』では、かすみドールを探しにユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)に行きたいという有村さんと、スケジュールを管理する有村んのマネージャー役(辻森さん)との掛け合いが見どころとなっております。続く『再会篇』では旅から帰ってきたかすみドールと有村さんが久々に再会する場面となっており、その場で旅の思い出をシェアする様を描いています。今回制作したCMやWEB用長尺ムービーは、12月22日(火)よりキャンペーンサイトにて順次公開予定。
(「かすみドールのシェア旅」キャンペーンサイトURL:リンク


【 憧れ篇 】リンク
【 失踪篇 】リンク
【 旅立ち篇 】リンク
【 再会篇 】リンク

■『かすみドールのシェア旅 in ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)』キャンペーン概要
「世界最高…シェアしたい!」かすみドールが次に選んだシェア旅の行く先はユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)。前回同様にスケジュールがパンパンな有村さんに、果たして“興奮と感動のエンターテイメント“の楽しさをシェアすることができるのか。かすみドールは、シェア旅“3種の神器”(FlashAir、TransferJet、CANVIO)を身につけ、シェア旅に向かいます。今回制作したCMやWEB用長尺ムービー、CMメイキングムービー、有村さんからのコメントなどは、12月22日(火)よりキャンペーンサイトにて順次公開していきます。“かすみドール”がユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)での旅の軌跡をスペシャルムービーとフォトダイアリーで随時更新していきます。
また、インスタグラムでも頻度高く、旅の模様をお届けします。
・「かすみドールのシェア旅」キャンペーンサイトURL:リンク
・WEBムービー公開:2015年12月22日(火)~
・インスタグラム公式アカウント:リンク
[画像2: リンク ]

《3種の神器とは》※商品詳細は末尾
1.「FlashAir」・・・写真をとったその場でデジカメからスマホに写真がシェアできるSDメモリカード。
2.「TransferJet™」・・・動画等の大容量なデータもスマホをかざすだけでシェアできる近接無線通信技術TransferJet™対応アダプタ。
3.「CANVIO」・・・長旅における重たくなったデータを移行できるポータブルタイプのハードディスク。

■プロフィール
[画像3: リンク ]

有村架純(ありむらかすみ)1993年2月13日生(22)。兵庫県出身。B型。
2013年放送のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で主人公の母親役の幼少期を演じ、人気を博す。2014年度タレントCM起用者数では13社と女性部門で2位に急上昇した。更に、契約社数は増加しており、注目が集まっている。 また、女性誌・男性誌を始め多数の雑誌の表紙に登場している。昨年度は「失恋ショコラティエ」(CX)や「MOZU~Season1・百舌の叫ぶ夜~」(TBS)、「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」(NTV)と数々のドラマに出演、舞台「ジャンヌ・ダルク」で舞台初主演と活躍の場をさらにひろげている。2015年は、映画「ストロボ・エッジ」「ビリギャル」(土井裕泰監督)や連続ドラマ「海に降る」(WOWOW)などへの主演、連続ドラマ「ようこそ、わが家へ」(CX)への出演と更なる飛躍を遂げ、来年2016年には月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(CX)に主演を務めるほか、映画「アイアムヒーロー」(佐藤信介監督)、映画「僕だけがいない街」(平川雄一朗監督)などへの出演も決まっている。
[画像4: リンク ]


■有村架純さんのコメント
今回は、前回のハワイ篇に続いて“かすみドールのシェア旅”第2弾ということで、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや関西を舞台に物語が展開していきます。今回はかすみドールと私と、あと辻森マネージャーとの掛け合いを是非楽しんで見てください!私も次のお休みには、ぜひ旅行に行きたいです。

■TVCM&WEBムービー
12月22日(火)からWEBサイト(リンク)で公開されるWEBムービーとTVCM。
・WEBムービー:「憧れ」篇+「失踪」篇(12月22日公開)
・TVCM:「旅立ち」篇+「再会」篇(12月24日から全国OA開始)

◆かすみドールのシェア旅「憧れ」篇(WEBムービー)
部屋でTVを見始めるかすみドール。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)のCMを観て「世界最高…シェアしたい!」とユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)へのシェア旅を決意します。シェア旅『3種の神器』の準備を進め、勢いの余り有村さんには内緒で出てきてしまいます。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)を舞台にしたかすみドールのシェア旅が始まります。
[画像5: リンク ]


◆かすみドールのシェア旅「失踪」篇(WEBムービー)
有村さんとマネージャーの辻森さんがかすみドールを探す中、かすみドールからユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)での自撮り写真が届きます。スケジュールが詰まっていて、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)に行けない有村さんを差し置いて、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)へ行きたそうにするマネージャー。有村さんと辻森マネージャーのアドリブによるやり取りは、普段の有村さんを切り取っており、見どころとなっております。
[画像6: リンク ]



◆かすみドールのシェア旅「旅立ち」篇(TVCM)
上記『憧れ』篇および『失踪』篇をTVCM用に編集した内容となっております。
[画像7: リンク ]



◆かすみドールのシェア旅「再会」篇(TVCM)
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)を楽しんできたマネージャーの辻森さんとかすみドールが居酒屋で有村さんと再会するストーリー。再会を記念して、3人で記念撮影を行いますが、見切れてしまうマネージャーをイジる有村さんとかすみドールのお二人。また、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)での思い出をシェアしあう様子が見られます。
[画像8: リンク ]


■パーソナルストレージ商品概要
【FlashAir】撮った写真をその場でシェアできる。
FlashAirは、無線LAN搭載SDHCメモリカード。カードをデジタルカメラから取り出さなくても、撮った写真をいつでも、どこでも、撮ったその場で手軽にスマートフォンやタブレットにシェアできます。
[画像9: リンク ]



製品名:「FlashAir」(無線LAN搭載SDHCメモリカード)
種別:SDHC
SDスピードクラス:CLASS10.
容量:8GB / 16GB / 32GB


【TransferJet™】 かざすだけで写真も動画も転送できる。
TransferJet™は、近接無線通信技術。TransferJet™対応アダプタなら、大容量の動画も、大量の高画質写真も、スマホをかざすだけで、手軽に転送(シェア)できます。
[画像10: リンク ]


製品名:近接無線通信技術「TransferJet™対応アダプタ」
種別:Windows(R)対応 / Android™対応 / iOS対応
コネクタ形状:USBタイプ、MicroUSBタイプ、Lightningタイプ


【CANVIO】写真や動画をまとめて保存。持ち歩きもできる。
CANVIOは、大容量のポータブルハードディスク。デジタルカメラのメモリカードやスマ-トフォン本体にたまったデータをどんどん保存できます。
[画像11: リンク ]


製品名:ポータブルハードディスク「CANVIO™ CONNECT」
記憶容量:500GB / 1.0TB / 2.0TB / 3.0TB
カラー:ブラック、ブルー、レッド、シルバー、ホワイト
    ※ブルーは3.0TB・500GB、レッドは3.0TBモデルを除く
外形寸法:幅×奥行き×高さ:78mm×109mm×14mm(※2.0TB/3.0TBモデルは19.5mm)

※FlashAir、TransferJet™、CANVIO商品に関する詳しい情報は、製品ホームページまで。
(www.toshiba-personalstorage.net/)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。