logo

大妻女子大学の学生が“ご当地カクテル”で福井県の特産品「福井梅」をPR -- 宮田ゼミ「日本酒文化発信プロジェクト」

大妻女子大学 2015年12月22日 08時05分
From Digital PR Platform


大妻女子大学家政学部ライフデザイン学科・宮田安彦教授のゼミ生ら11人は12月5日、銀座白鶴ビルディング(東京都中央区)で行われた「『福井梅』植樹と『福井梅のカクテル』お披露目会」に参加。「Umany(ウメニー)」と「MIKATA 五湖」の2種類のカクテルを提供した。


 宮田ゼミでは「和の暮らし」推進プロジェクトをはじめとして、日本の食・生活文化を学びながら、これを継承・発展させるためのさまざまな取り組みを行っている。その一環として、若い女性への日本酒の普及を目的とする「日本酒文化発信プロジェクト」を推進しており、今年度は日本各地の地場産品を材料に使った“ご当地カクテル”を考案してきた。今回のイベントは、10月に秋葉原で開催された「地酒祭り秋の陣2015」で福井梅を使った日本酒カクテルを発表したことがきっかけで、福井県観光営業部からの依頼で実現したもの。

 カクテルを飲んだ銀座社交料飲協会や銀座料理飲食業組合連合会の関係者らは、「梅と合っていて、とても飲みやすい」「福井梅の感じがよく出ている」「日本酒の“おじさんイメージ”を払拭するのに、若い女性が取り組んでくれるのはありがたい」などと話し、新しい日本酒の楽しみ方や福井梅のおいしさを引き出す提案に高い評価が寄せられた。その一方で、「普及性を考えると、もう少し簡単なレシピの方がいい」などという意見もあり、学生らは改めて、地域振興を取り組むうえでの難しさを実感した。

 福井県では、特産品のPRや知名度アップのために白鶴酒造株式会社などと共働し、東京・銀座で「銀座プロジェクト」を展開している。今回のイベントはその一環として、「福井梅」の美味しさを広く知ってもらうため企画されたもの。

(参考)
・日本酒の普及と“ご当地”の魅力を伝える 日本酒カクテル考案(大妻女子大学HP内関連ページ)
 リンク
・学びを生かして地域振興に一役 ライフデザイン学科(大妻女子大学HP内関連ページ)
 リンク

(関連記事)
・大妻女子大学の学生が日本酒の普及と“ご当地”の魅力を伝えるカクテルを考案 --宮田ゼミ「日本酒文化発信プロジェクト」(2015/10/12)
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 大妻女子大学 広報戦略室
 東京都千代田区三番町12
 TEL: 03-5275-6159
 FAX: 03-5275-6098

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事