logo

G2Aの創設時の出来事

G2A.com 2015年12月21日 17時05分
From 共同通信PRワイヤー

G2Aの創設時の出来事

AsiaNet 62933 (1662)

【ジェシュフ(ポーランド)、ロンドン、香港2015年12月21日PR Newswire=共同通信JBN】G2A.COM(リンク )のバルトス・スカルチェク最高経営責任者(CEO)兼共同創設者はこのほど、世界で急成長するデジタルゲーム市場といわれるG2A.COMの創設時の出来事について語った。Similarweb Report(2015年)によると、G2Aは2万5000以上のデジタルゲーム製品を提供し世界1位の地位を確保、500万以上の顧客を擁し月間25万以上が新規の顧客となり、6700万のデスクトップ閲覧回数を誇っている。

(Photo: リンク

(Photo: リンク

(Photo: リンク

2010年に創業したG2Aはゲームへの情熱と起業家精神を結び付け、平均年齢23歳の熱烈なゲーマーを雇用している。

同社のポリシーは、若いゲーマーは予算が限られているので最小の利益で最低価格を提供することだった。さらにG2Aは、ゲーマーがさまざまなウェブサイトで買い物をするのではなく、1カ所ですべてを発見できることを目指した。

スカルチェクCEOは、G2Aが格付けトリプルA(AAA)デベロッパーの公式リセラーになることを目指し、オーディエンスを求めてGamescom、E3、G-Starなど種々のイベントでデベロッパーとの交渉を始めた。スカルチェクCEOは玄関先に「トリプルAデベロッパー様、われわれはG2Aです。貴社と提携し、リセラーとして貴社製品を販売したいと考えています。どうか顔合わせを」と書いた手紙を残した。G2Aが欧州でこれらデベロッパーの製品を販売する最大の企業に急成長したにもかかわらず、返事はなかった。

スカルチェクCEOは「残念なことにデベロッパーはG2Aと話したがらなかった。おそらくデベロッパーは、G2Aがあまりにも未熟で関心を抱かず、あまりにも小さく重視する必要がないと感じたのかもしれない」と語った。しかし、G2Aのチームは若いゲーマー向けの市場開拓にこだわり、そうすることを決断した。チームはG2Aを再編し、ゲームにかかる費用に不満を持つ世界のゲーマーすべてにチャンスを与えることを決めた。さらに、チームは同社のウェブサイトに多くのゲームを掲載するようセラーに呼び掛けた。チームは運命を切り開き、G2A.COM Marketplaceを開発した。

スカルチェクCEOは「デベロッパーが最後にはG2Aと面会し、デベロッパーが最後にはわれわれのドアをノックし『さて、話し合おうか』と言ってくる日が必ず訪れると確信していた」と語った。それはついに起きた。スカルチェクCEOと共同創設者のダビド氏は、満足した顧客がG2A市場を生み出し、そこでは現在、14万以上のセラーが参加し、eBayのフィードバックでは99.4%がポジティブなフィードバックを残していることで意見が一致している。

G2A創設者2人はG2Aの顧客、サポーター、パートナーに感謝を表明し「皆さんにありがとうと言いたい。なぜなら、皆さんは何らかの形でわれわれを発見し、われわれに好意を持ち、サービスを提供するチャンスを与えてくれた。G2Aを生み出したのは皆さんである」と語った。

ソース:G2A.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事