logo

ユニクロ 「カリーヌ・ロワトフェルド」2016年春夏コレクションを1月22日(金)より発売

株式会社ファーストリテイリング 2016年07月29日 17時48分
From 共同通信PRワイヤー

2015年12月21日

株式会社ユニクロ


「カリーヌ・ロワトフェルド」
2016年春夏コレクションを1月22日(金)より発売
-“働く女性のためのフェミニンなスタイル”を新提案-

 
 ユニクロは、ファッション界に絶大な影響力を誇るカリスマファッションエディター、カリーヌ・ロワトフェルド氏とコラボレーションした春夏のコレクションを1月22日(金)から順次、世界15の国と地域で販売します。
 ロワトフェルド氏がユニクロのデザインディレクター滝沢直己と共に創り出した「カリーヌ・ロワトフェルド」。上質で機能的な素材や洗練されたカッティングなど、細部にまでこだわって生まれた女性らしいフォルムは、すべての女性の“新しい美しさ”と“新しい自分”を引き出します。
 セカンドシーズンを迎えた本コレクションでは、黒を基調にしたフォーマルなテイストの前シーズンに比べ、“働く女性のためのフェミニンなスタイル”を追求しています。オフィスからディナーまで幅広いシーンで毎日お召しいただけるよう、価格帯にもこだわりました。
 今季も、広告ビジュアルはファッションフォトグラファーの巨匠、スティーヴン・マイゼル氏が撮影し、これまでとは異なる、新たなユニクロの世界観を感じていただけます。


■忙しい女性のための「機能性」と「女性らしさ」を両立

 世界中を飛び回り、多忙を極めるロワトフェルド氏のライフスタイルから生まれたのがこのコレクションです。シワになっても取れやすいミリタリージャケット、スウェード調のジャージ素材を使用したスカートやジャケットなど、気を遣わず、お手入れが簡単なのにスタイリッシュなアイテムを取り揃えました。また、リバーシブルで使えるジャケットをはじめ、ちょっと着こなしを変えれば、カジュアルからビジネス、ディナーにも使えるラインナップで展開。オンにもオフにも使えるアイテムは女性のライフシーンを美しく演出します。

■女性の美しさを引き出す磨き上げられたプロポーションとディテール

 シンプルなタイトスカートやパンツは女性の体のラインを美しく見せるカッティングを施し、どの角度から見ても美しい一枚です。また、プリントシルクとニットを組み合わせたトップスや、ジャケットの袖からのぞくフリルが施されたブラウスは、魅せることに敏感な女性を満足させます。アウターはあくまでもマニッシュに、しかしスリップドレスなどフェミニンなインナーは素材も縫製も繊細で柔らかな肌触りに仕上げました。

■エスプリがきいたアニマルモチーフのデザイン

 ジャガード織りのスモーキングジャケットや、エンボス加工したレザー調のコートにはクロコダイル柄が施されています。森の中にレオパードや動物が見え隠れするプリントを採用。こだわりのプリントで上品に着こなせるアイテムで展開します。

■商品ラインナップ(全56型)

 アウター(コート・ジャケット)  \5,990~12,900+消費税
 パンツ・スカート         \3,990~4,990+消費税
 シャツ              \3,990~5,990+消費税
 Tシャツ・カットソー       \1,500~3,990+消費税
 ニット              \2,990~4,990+消費税
 ドレス              \5,990~6,990+消費税
 グッズ(バッグ、ベルト、スカーフ)\1,500~3,990+消費税
 タイツ              \990+消費税

■取り扱い店舗(日本国内)

 ユニクロ 銀座店、UNIQLO OSAKA、ビックロ ユニクロ新宿東口店、
 ユニクロ 吉祥寺店、ユニクロ プランタン銀座店、
 ユニクロ 心斎橋店、ユニクロ 池袋東武店、
 ユニクロ 渋谷道玄坂店、ユニクロ 世田谷千歳台店、ユニクロ 五反田TOC店、
 ユニクロ ラゾーナ川崎店、ユニクロ 札幌エスタ店、ユニクロ 名古屋栄店、
 以上の日本国内13店舗およびユニクロオンラインストアにて販売
 ※一部アイテムは、ユニクロ全店で展開

■スペシャルウェブサイト

 本日より、当コレクションのスペシャルウェブサイトで、ロワトフェルド氏のドキュメンタリー映画「マドモアゼルC ファッションに愛されたミューズ」(2013年に全世界で公開)の監督ファビアン・コンスタン氏による、スペシャルムービーを配信します。ロワトフェルド氏を10年以上にわたり取材し続け、彼女の魅力を知り尽くしているコンスタン氏だからこそ撮れる洗練された映像に仕上がっています。

URL: リンク

■カリーヌ・ロワトフェルド氏について

 元フランス版「VOGUE」の編集長。雑誌「CR Fashion Book」の発起人であり、現在は編集長を務める、ファッション界に絶大な影響力を誇るカリスマファッションエディター。カール・ラガーフェルドやトム・フォードなど様々な著名なデザイナーがミューズと賞賛するファッションアイコンとして、最新モードファッションを世界に発信し、存在感を高め続けています。
 



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。