logo

グルンドフォス、国連気候変動会議にて受賞

JCN 2015年12月21日 14時20分
From JCN Newswire


Denmark, Dec 21, 2015 - ( JCN Newswire ) - グルンドフォスは、栄誉ある国際連合の「Momentum for Change Lighthouse Activity Award」(変化をもたらすための灯台賞)において、ICTカテゴリで受賞しました。この賞は、開発途上国で高信頼性かつ持続性のある水供給を行う同社のLifelink(ライフリンク)水ソリューションに与えられました。

グルンドフォスは、国連気候変動パリ会議の会期中、気候変動によって引き起こされた課題を軽減する革新的な企業として注目を集めました。同社の持続性のあるLifelink(ライフリンク)水供給ソリューションは、その他の15のイニシアティブとともに、国連の変化をもたらすための灯台賞を受賞しました。

グルンドフォスが受賞したのは「Information and Communication Technologies」(情報通信技術)カテゴリの1つで、ケニアとウガンダにおいて、持続性のある水供給ソリューションへの取り組みに技術を活用したことが評価されました。

高信頼性の水供給

グルンドフォス最高経営責任者(CEO)のMads Nipperは、この評価に感謝の意を示しています。

「この賞は、きれいで手頃な価格の水を供給することにより、開発途上国における人々の生活の質を改善することのできる、スマートかつ持続性があり、高信頼性で耐久性に優れたソリューションを設計することが理にかなっていることを明確に示しています。今回国連の賞を受賞したことで、今後当社がより多くの人々に、きれいな飲料水への容易なアクセスを提供する取り組みにおいて、政治家、投資家、水道事業体との関係でより強い立場に立てるようになるでしょう。」と、Mads Nipperは述べています。

太陽エネルギーによる持続性のある水供給ソリューションがグルンドフォス事業に占める割合は高まっています。最近、インドでポンプ製造メーカーがLifelinkカテゴリにおいて2つの新製品の製造を開始しました。AQtapは従量制課金での水供給で、水道事業体は料金をコントロールでき、水システムを確実に維持することが可能です。AQpureは、地表水や河川水を迅速かつ効率的に飲料水品質にまで浄化します。

パリで展示

国連は、グルンドフォスおよびその他の受賞イニシアティブについて、変化をもたらす4つの重点分野のうちの1つに関連する「灯台の活動」であると言い表しました。国連によると、灯台の活動とは、人々、企業、政府および業界が気候変動、幅広く経済、社会、環境問題に取り組むために何をするかについての最も実用的かつ拡張性が高く、複製可能な例としています。

国連の賞には450を超えるイニシアティブがエントリーしました。受賞した16のイニシアティブは会期中展示されます。

グルンドフォスについて

グルンドフォスは業界をリードするポンプ製造メーカーで、年間に1,600万以上のポンプ本体を生産しています。同社では、フルレンジのモジュラーや、高エネルギー効率のインテリジェントな製品、ビル・産業・水などの用途向けサービスを提供しています。グルンドフォスは55ヶ国以上に80を超える事業所を構えています。詳細情報に関しては www.grundfos.com をご覧ください。

詳細情報に関するお問い合わせ先:

Kim Nohr Skibsted
グルンドフォス・グループ・コミュニケーション グループ副社長
M: +45 3052 5020
E: kskibsted@grundfos.com

Frank B. Winther
グルンドフォス・グループ・コミュニケーション・マネージャー
M: +45 21996240
E: fwinther@grundfos.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事