logo

Publicis GroupeとGroupe Les Echos、Viva Technology Startup Connect Paris 2016を立ち上げ

JCN 2015年12月18日 15時00分
From JCN Newswire


Paris, France, Dec 18, 2015 - ( JCN Newswire ) - 2016年6月30日から7月2日まで、パリでVIVA TECHNOLOGY PARISが開催され、デジタル変革における世界の主要プレイヤーが一堂に会します。スタートアップ企業5,000社は、自社事業を発展させ、大企業の変革に貢献するために、世界中から集った何万人ものシニア・エグゼクティブ、投資家、学者、オピニオンリーダーと連携する機会を持つことができます。この比類なきイベントにより、イノベーションおよびスタートアップ分野におけるフランスの役割は確固たるものとなります。最終日には一般公開されます。

Publicis Groupe会長兼CEO(最高経営責任者)のMaurice Levyは、次のように宣言します。「Viva Technology Parisは、世界規模のイベントを開催する機会となり、この分野における主要なプレイヤー全員が集うことになるでしょう。当社にとって、またデジタル・エコシステム、そしてフランスにとって、素晴らしい機会となるでしょう。」

Groupe Les EchosのCEOであるFrancis Morelは、次のように述べています。「スタートアップ企業の発展、大企業の変革を実現するため、両者は協力しなければなりません。Viva Technology Parisは、この目標を中核に据える初のグローバルイベントです。」

本イベントの主要パートナーであるAXA、BNP Paribas、EY、GoogleおよびOrangeは、私たちとともにViva Technology Parisを大成功に導くために尽力します。

Axa会長・社長兼CEOのHenri de Castriesは、次のように宣言します。「デジタル革命は多くの経済セクターのバリューチェーンを刷新しています。フランスはおそらくその最も良い例の1つといえるでしょう。したがって、当社はスタートアップ企業と大企業の間でさまざまな相乗効果の醸成を実現する本イベントの成功に関与することで、引いてはイノベーションにおけるフランスの影響力の増大に貢献できることを非常に嬉しく思っています。」

BNP ParibasのCEOであるJean-Laurent Bonnafeは、次のように付け加えています。「当社は、Publicis GroupeおよびGroupe Les Echosと協力し、この国際的なイニシアチブを共同構築できることを非常に嬉しく思っています。このイニシアチブは、デジタル変革期において変化を読み解き、自身の役割を改革し、顧客とともに歩み、さらに欧州の目標を支援する当社の取り組みとも完全に合致しています。」

EY France社長のJean-Pierre Letartreは、次のように付け加えています。「急成長、国際化、破壊――これらは、今日輝きを放き、以前にも増して注目を浴びているスタートアップ企業の主な特徴です。スタートアップ企業への投資額が2015年初に70%増加していることを考慮すると、今日の傾向はスタートアップ企業の地位を確立するにとどまりません。すべきことは、明日のユニコーンとして出現するような、新しいチャンピオンをフランスが支援するためのプラットフォームを提供することです。」

Strategic RelationshipsでEMEA地域担当社長を務めるCarlo d'Asaro Biondoは、次のように述べています。「当社は、Viva Technology Parisと協業できることを光栄に感じています。この野心的なイベントは、経済におけるスタートアップの高まりに注目する主要イベントとなると確信しています。スタートアップ企業は、デジタル機会を捉え、成長を遂げ、雇用を創出することで、経済における主要プレイヤーとなってきています。当社はスタートアップ企業の成長動力となることで発展を支援したいと考えています。」

Orangeの会長兼CEOであるStephane Richardは、次のように結論付けています。「当社のオープンイノベーション戦略において、スタートアップ企業への支援および投資は主要な要素です。既にさまざまなプログラムを通して、当社はこの領域に尽力しており、2020年までにスタートアップ企業500社とともに歩むことを目標に掲げています。このため、Viva Technology Parisは、両者に利益をもたらす状況での、当社におけるこうした取り組みを加速させ、この驚くべきイノベーションのエコシステムの持つ大きなエネルギーに注目する傑出した機会となります。」

Viva Technology Parisは大規模なイベントで、大企業とスタートアップ企業が協業するための数多くの機会を創出します。30,000 平方メートルを擁するParis Expoホール1は、主に3つのエリアに分割されます。

1. Hack(ハック): 15,000平方メートルにわたり、Viva Technology Parisは世界最大の一時的な協業スペースとなります。経済セクターによって設置された20の専門ラボが、全セクターにわたる大企業、選定されたスタートアップ企業1,000社、投資家、学者がディスカッションを行い、協業するためのミーティング・ハブとなります。既にラボの主要パートナーが関心を示しています。

2. Imagine(想像): この専用のコンファレンス・エリアでは、「テクノロジー&ビジネス、企業の新パラダイム」のテーマのもと、世界の著名人が議長を務める24の本会議を含む200を超えるイベントを開催します。さらに、進化を遂げる経済の主要セクターが最先端のスタートアップ企業および同セクターの大企業とどのように関与するかに関する180の専門コンファレンスが開催されます。2011年のeG8開催時と同様に、著名なスピーカーを招聘できる見込みです。

3. Experience(体験): この特に目を見張るエリアでは、現在、未来の私たちの生活に新技術がどのように貢献しているかについて展示・実演します。ここでは、次世代のドローンから最先端のコネクテッド・オブジェクトまで、世界で最も創造的な企業のうち選定された企業50社が、自社のイノベーションを展示します。本件については既にお問い合わせをいただいております。

本イベントに先駆け、Viva Technology Parisは2016年3月、何万人もの起業家、投資家、学者が意見交換、情報共有、協力、投資、人材採用を行える、グローバル・コラボレーションのためのデジタルプラットフォーム「Viva Technology Connect」を開始します。この独自のイニシアチブにより、本イベント開催中に、最高のスタートアップ企業を選択し、共同のイニシアチブを促進することができます。

参加者は専用ウェブサイトにて1月中旬に登録可能です。www.vivatechnologyparis.com

最後に、Viva Technology Parisは2016年7月2日に一般公開され、世界のイノベーションにおける最も広範なコミュニティにおいて、最も多くのスタートアップ企業を歓迎します。

Viva Technology Paris: 2016年6月30日から7月2日まで開催 - Paris Expoにて - Porte de Versailles - Paris

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。