logo

IDCフロンティア、「平成27年度東京都スポーツ推進企業」に認定

~ウォーキングプログラムなど「健康経営」への取り組みが評価~

株式会社IDCフロンティア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中山 一郎、以下IDCF)は、12月18日、社員のスポーツ活動の推進やスポーツ分野における社会貢献活動を実施する企業を認定する「東京都スポーツ推進企業認定制度」で、東京都スポーツ推進企業の102社に認定されました。

「健康経営」をテーマに、IDCF本社のある東京と西日本の最大拠点である北九州データセンター間の距離にちなみ、2015年10月1日から2016年2月末までの5か月間で約1,030km相当の歩行踏破を目標とした、インセンティブ付のウォーキングプログラムの取り組みが評価されたものです。

本プログラムは業務時間内にこだわらずプライベートも対象としており、スマートフォンのアプリを利用した歩数計測や、目標達成者への旅行やテーマパークチケットなどのインセンティブも取り入れることで多くの社員の参加を促しています。また、上級者には東京-沖縄間の約1,555kmや初級者向けの400kmコースも用意しており、これにより社員の健康増進を期待しています。

「平成27年度東京都スポーツ推進企業」の詳細については、次のURLをご参照ください。

■東京都スポーツ推進企業認定制度
リンク

IDCFでは、健全な経営には働く社員の健康が重要であるいう考えのもと、社員の心身の健康を会社が支援することが、当社事業の根幹であるITインフラのサービス品質を向上させ、お客さまのビジネスを支えることにつながると考えています。今後も「健康経営」をテーマに社員の健康増進に関する活動や、プログラムおよび制度導入などの取り組みに積極的に取り組んでまいります。

以上

<企業情報>
【IDCフロンティアについて】(リンク
社名:株式会社IDCフロンティア(IDC Frontier Inc.)
代表者:代表取締役社長 中山 一郎
事業内容:クラウド事業、データセンター事業、ホスティング事業、IPネットワーク事業、コンサルティング、システム構築・運営、その他
株式会社IDCフロンティアは、Yahoo! JAPANグループのクラウドコンピューティングとデータセンター事業を担う戦略的子会社として、クラウド事業、データセンター事業、ホスティング事業、IPネットワーク事業、コンサルティング、システム構築・運営を事業内容とし、日本のビジネスシーンの発展と活性化を支える情報技術基盤を提供しています。長年の経験で培った高信頼データセンターを全国で運用しており、SaaS/PaaS/IaaSに代表される高付加価値サービスの開発と提供に取り組み、ビジネスユーザーのクラウドコンピューティングやオープンプラットフォームの利活用を推進しています。

<リリースに関する報道機関からの問い合わせ先>
■IDCフロンティア 経営戦略本部
電話:03-4354-0155
メールアドレス:pr@idcf.jp
コーポレートブログ For Your IDCF:リンク
Twitter公式アカウント:idcfrontier
Facebookページ:リンク

関連情報
http://www.idcf.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事