logo

米国NO.1の統合ソーシャルマネジメントプラットフォーム“Sprinklr”が、日本語サポートデスクのサービス提供開始

スプリンクラージャパン株式会社 2015年12月18日 13時00分
From ValuePress!

スプリンクラージャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 ヘンリー・タン)は、日本語サポートデスクを12月より開始しました。これまでアメリカ本国から英語でのサポートを提供していましたが、国内日本語サポートデスクの設置により、Sprinklrを日本企業に一層活用していただきやすくなりました。先行して7月より一部の日本語インターフェイスを提供し、さまざまなパートナー・クライアントを獲得してまいりましたが、日本語インターフェイスに関しても新機能や詳細部分の日本語化を順次提供してまいります。これら日本に則したサービス提供により、スプリンクラージャパンは日本での営業活動をこれまで以上に活性化させます。

米国NO.1の統合ソーシャルマネジメントプラットフォーム
“Sprinklr”が、日本語サポートデスクのサービス提供開始

スプリンクラージャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 ヘンリー・タン)は、日本語サポートデスクを12月より開始しました。
これまでアメリカ本国から英語でのサポートを提供していましたが、国内日本語サポートデスクの設置により、Sprinklrを日本企業に一層活用していただきやすくなりました。先行して7月より一部の日本語インターフェイスを提供し、さまざまなパートナー・クライアントを獲得してまいりましたが、日本語インターフェイスに関しても新機能や詳細部分の日本語化を順次提供してまいります。これら日本に則したサービス提供により、スプリンクラージャパンは日本での営業活動をこれまで以上に活性化させます。

■本サービス提供の目的
統合型ソーシャルメディアマネジメントプラットフォームの導入は、次世代のソーシャルメディアマネジメントへ進化するための必須条件です。アメリカではマイクロソフト社、ナイキ社、インテル社といった1,000ブランドを超えるグローバル企業において、一貫したカスタマーエクスペリエンスを提供するためにSprinklrが導入されています。しかし、アメリカで誕生したSprinklrの日本市場導入において、もっとも障壁となるのが日本語への対応でした。
スプリンクラージャパンでは、次項に挙げる日本語に最適化した2つのサービスを提供し導入を推進することで、日本のソーシャルメディアマネジメント市場の進化に寄与していく所存です。


[資料: リンク ]


■日本語サービスの提供内容
1.日本語でのサポートデスク設置
これまで、アメリカ本国からのサポートを提供していましたが、国内日本語でのサポートを開始。メール・電話・サポート用Twitterアカウントにて、日本語でのサポートに対応いたしました。提供時間帯は10:00〜18:00となっており、サポート体制は順次拡張し充実させていく予定です。

2.Sprinklrユーザーインターフェイスの日本語化
基本ユーザーインターフェイスを日本語にて提供しています。新機能などの追加部分や一部の機能詳細部分に関しては、順次日本語ユーザーインターフェイスと置換して提供してまいります。


■日本進出の状況
●日本企業クライアント
日本でも、ソーシャルメディアマネジメントが活性化しており、スプリンクラージャパン社はそのニーズへソリューションを提供しています。
国内最初のクライアントとして、株式会社サイバーエージェント、サントリー酒類株式会社、株式会社リクルートホールディングスにSprinklrプラットフォームをご使用いただいています。(順不同)


[資料: リンク ]

株式会社サイバーエージェント
「Ameba」「AWA」「755」など複数ブランドのプロモーションを行う宣伝本部では、エンゲージメント、リスニングなどのソーシャルマーケティング活動を重視しており、更なる強化を目的にソーシャルメディアを統合的に管理できるプラットフォームとして導入いたしました。
(宣伝本部 宣伝本部長 野村智寿 様)
リンク


[資料: リンク ]

サントリー酒類株式会社
顧客の意見に耳を傾けながらソーシャルデータを収集活用し、ブランドとしてより良い顧客体験を提供するために、統合ソーシャルメディアマネジメントプラットフォーム導入を決定しました。
(デジタルマーケティング本部 課長 篠崎有平 様)
リンク


[資料: リンク ]

株式会社リクルートホールディングス
コーポレートブランドの PR として、エンゲージメントを図り、ソーシャルマネジメントの効率化を目的に、統合ソーシャルメディアマネジメントプラットフォームとして導入。
リンク


●日本市場パートナーシップ
アメリカ市場では、SAP社、Deloitte社、Accenture社と言った企業とパートナーシップを締結しています。日本市場においても、リセラー・イネーブルメント※に関するパートナーシップ締結企業も増加しており、日本での営業活動は本格化しています。
※システム導入及びコンサルティング、トレーニングやサポートなどのマネージドサービス業務

​ ​
[資料: リンク ]

リセラーパートナー シップ
株式会社パイプドビッツ
リンク
2015年2月のA種優先株式引受によるスプリンクラージャパン社への出資につづき、9 月28日に日本初となるリセラー業務提携契約を締結しました。


[資料: リンク ]

イネーブルメントパートナーシップ
株式会社ループス・コミュニケーションズ
リンク
2015年11月24日に業務提携を締結し、システム導入及びコンサルティング、マネージドサービス(トレーニングやサポートなどの業務)を提供するパートナーとして協業いたします。


スプリンクラージャパン株式会社について
Sprinklrは世界で最も完成度の高い、大企業向け統合ソーシャルマネジメントプラットフォームです。Sprinklrは、あらゆるタッチポイントにおけるカスタマーエクスペリエンスの一元管理を可能にし、ビジネスを成功に導きます。

ソーシャルエクスペリエンスのマネジメントに必要な機能をすべて備え、大手リサーチ会社であるForrester社からも「市場で最もパワフルなテクノロジー」と最高の評価を受けているSprinklrのプラットフォームは、77か国にわたり、ソーシャルなつながりをビジネスの推進力に変えています。

ニューヨーク市に本社を構え、世界各地に900人を超える従業員を抱える米スプリンクラー社は、インテル、マイクロソフト、サムソン、インターコンチネンタルホテル、ヴァージンアメリカ航空など、1,000ブランドを超えるグローバル企業のカスタマーエクスペリエンスを革新し続けています。
スプリンクラージャパン株式会社は、米スプリンクラー社の日本法人です。

日本のソーシャルメディアマネジメントを活性化し、次のステージへと押し上げるため、スプリンクラージャパンではさまざまな業種・目的に向けたケーススタディー・ホワイトペーパーを配布しています。
弊社Webサイトにてぜひダウンロードください。
リンク


Sprinklr 最新機能情報
米スプリンクラー社は先日Booshakaの買収を発表しました。これによりサービス提供が始まる“オーディエンスエンジン”は、Webサイトの顧客データ、メール配信ツールの顧客リスト、マルケト社などのCRMデータ、といった幅広いソースからワンクリックでデータを収集し、広告ターゲットとなる顧客を自動的にグループ化してカスタムオーディエンスセグメントを生成。広告ターゲットをこれまでにない精度と効率でカスタマイズし、CTRやCPA、エンゲージメント率を格段に向上させます。

[資料: リンク ]

詳細はこちら > リンク


【本件に関するお問い合わせ先】
 スプリンクラージャパン株式会社
 担当:神谷・岩崎・八木
 電話:03-6278-8883
 メール:info@sprinklr.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事