logo

日本マクドナルド「食育の時間」10周年、子供たちの“自ら学ぶ”姿勢を育てる 「食育の時間」サブ教材・デジタルブック完成

日本マクドナルド株式会社 2015年12月18日 15時51分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、小・中学校の食育授業を支援するWEB教材「食育の時間」の10周年を記念し、子供たちが自ら学べる「食育デジタルブック」を新設いたしました。

マクドナルドでは、2005年7月に未来を担う子供たちがバランスの良い食生活を送るための知識を身につけ、“食を選択する力”を養ってもらうことを目的にWEB教材「食育の時間」を制作、公開しました。WEB教材は、子供たちにとって身近で大切な食にまつわる生活習慣や食生活を、テーマ別に時間割に見立てた構成で、今年6月には10周年を記念して、“スポーツ食育”をテーマとする「放課後」コンテンツを追加しています。今回追加した食育デジタルブックは、「食育授業に45分を割くことが難しい」という現場の先生の声を受け、授業時間以外の比較的短い時間で活用できるサブ教材として制作いたしました。

「食育の時間」を活用した授業の受講児童・生徒数はのべ13万人にのぼり、さらに今年に入り刷新したDVD付き指導案の発送数やお問合せも増えております。現場の先生方の変わらない関心の高さが伺える一方、授業時間を割くことが難しいといった現状をふまえ、学校でも家庭でも「食育」を伝えていくことの重要性を感じております。今回のサブ教材では、子供たちが日常的に「食」について自ら学び、考えていく機会を創り出すことを目的に、監修者と子供たちの課題を共有し、「生活習慣、食の安全(衛生)、日本人として知っておいてほしい食事マナー」といった3つのテーマに絞り、各話15分程度で読み切れる内容といたしました。ICTを活用した主体的な学習が求められる中、子供たちの身近にあるパソコンやタブレット端末で便利に閲覧できるデジタルブックが、学校での授業実践と家庭をつなぐ架け橋になっていくことを期待しています。

マクドナルドはこれからも、食を提供する企業として、子供たちが正しい食生活の重要性や食事を楽しむ事の大切さを知り、“食を選択する力”を身に付けられるよう、食を通じて子供たちの笑顔をより豊かにしていくための支援を積極的に行ってまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。