logo

TCLとLetvが戦略提携を発表

TCL Corporation 2015年12月18日 15時18分
From 共同通信PRワイヤー

TCLとLetvが戦略提携を発表

AsiaNet 62907 (1653)

【深セン(中国)2015年12月17日PRNewswire=共同通信JBN】
*両社は世界TV市場で主導的地位を構築し、業界変容を目指す

TCL MultimediaとLetvは、Letvが香港に新設したLetv Zhixinの完全子会社を通じてTCL Multimediaの株式の約20%を引き受けたと共同発表した。取引完了後、LetvはTCL Multimediaの第2位の株主となる。

株式引受合意の条件によると、Letvは香港子会社を通じ、22億6800万香港ドル(約2億9300万米ドル)を投資してTCL Multimediaの新株3億4900万株を1株=6.5香港ドルで取得した。取引完了後、LetvはTCL Multimediaの取締役2人を指名する。

TCL Corporationの主要部門で中国の大手テレビ製造・販売業者のTCL Multimediaは香港に上場しており、月平均100万台以上のTVセットを販売している。Letv子会社のLetv ZhixinはインターネットスーパーTVやセットトップボックスを含むスマートターミナルを主として販売している。

TCLは発表の中で提携に関し、LetvによるTCL Multimedia株の引き受けは戦略資源と事業モデルの包括的でより深い協力関係をつくり出し、スマートTVを中心とするリビングルームの時代に世界を導くだろうとコメントした。

Letvは中国インターネット市場で新興の強力なブランドである。最大級のオンラインコンテンツのライブラリーを持ち、完全なデジタルエンターテインメントのエコシステムをつくり出す一連のリソース、ハードウエアとソフトウエアアプリケーションを共同開発する強い能力がある。同社はプラットフォーム、コンテンツ、端末、アプリケーションを結合する自立した階層的エコシステムを構築する一環として、オンラインコンテンツ、携帯電話、スポーツ、インターネット金融、自動車市場のための製品を作ってきた。

TCL Corporationはスクリーン、チップ、スマートターミナルを含む中国のスマートTV工業チェーンのあらゆる局面に携わる唯一の総合企業で、同国初のAndroid方式スマートインターネットTVの開発者である。サプライチェーン管理の強い能力、ソフトウエアとハードウエア開発の長年にわたる強み、特許の大きな蓄積、強固な世界的オフラインマーケティングとサービスのシステムで世界的プレゼンスを確立した。

合意によると、LetvはTCL Multimediaに、多くのリソースの中でも特に良質のコンテンツ、クラウドプラットフォーム、eコマース、ビッグデータへのアクセスを提供、TCL MultimediaはLetvに世界最大級のサプライチェーンと製造・設計施設、ソフトウエアとハードウエアの研究開発プラットフォーム、オフラインサービス・システムへのアクセスを提供する。同時に、両社は製品の開発、設計、刷新、ユーザーオペレーション、海外拡張でも協力する。

TCL Corporationのリー・ドンシェン会長兼最高経営責任者(CEO)は「Letvとの提携はTCL Multimediaのインターネット移行における重要な手段だ。Letvの製品と事業モデルを含むスマートTVアプリケーションとサービスの強み、能力をTV業界におけるTCL Multimediaの主導的地位と結合することによって、ウィンウィンの状況を作り出すことを期待している」と語った。

両中国企業は相互に補完的であることに加え、資源の統合を通じて真に優位な競争力を獲得できるとの期待を持ち、インターネットスマートTV市場での新たな競争の時代に韓国、日本、欧州、米国の伝統的なTV製造業者を越えようとしている。これまで、TCLはTVの年間出荷台数が1700万台で世界3位。LetvのスーパーTV販売台数は今年、300万台に倍増すると予想されている。

▽問い合わせ先
Marta Chen
+86-755-3331-3868
Email: chenxuejun@tcl.com

ソース:TCL Corporation

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事