logo

日本初、スマートフォン活用による訪日客向け共通ポイントサービスを提供 ~180万会員を有する台湾「得易Ponta」から開始。Ponta提携の1万店舗以上で対応~

株式会社ロイヤリティ マーケティング 2015年12月17日 16時03分
From PR TIMES

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、日本初となる、スマートフォンを活用した訪日客向けの共通ポイントサービスを提供いたします。



[画像: リンク ]



■訪日客向けサービスの概要
本サービスは、訪日客が日本国内のPonta提携店舗でお買い物をする際に、スマートフォン向けアプリで動作する「デジタルPontaカード」機能を活用することで、共通ポイントサービスの利用が可能となるものです。訪日客は、ご自身のスマートフォン画面を店頭で提示するだけで、日本で簡単にポイントをためて、つかうことができます。日本でためたポイントは帰国後に自国のポイントに自動移行され、自国内でもつかうことができます。
また、Ponta提携社にとっては、訪日客向けサービスの拡充を、日本のPonta会員向けの顧客対応と同様の店舗オペレーションで実現でき、拡大するインバウンド需要に対応することができます。

■台湾「得易Ponta」会員向けサービスの概要
本サービスの第一弾として、2015年12月17日(木)より、台湾の共通ポイント事業者「Eastern Integrated Marketing, Inc.」(以下「EIM」)と業務提携し、EIMが運営する台湾における共通ポイントサービス「得易Ponta」の会員向けにサービスを開始します。
「得易Ponta」は、LMによるブランドライセンス提供のもと、EIMが2014年12月に開始した台湾の共通ポイントサービスで、2015年12月現在、約180万会員を有しています。
「得易Ponta」会員は、訪日時に、スマートフォン向けの「得易Ponta」アプリで会員証バーコードを店頭提示するだけで、ポイントをためて、つかうことができます。12月17日(木)時点では、「ローソン」「ローソンストア100」「ナチュラルローソン」「ルートインホテルズ」(※個人・直接予約のみ)「セガ エンタテインメント」(合計1万3,284店舗)が本サービスを導入し、今後も順次、対象店舗を拡大していく予定です。

■今後の展開
世界的に普及しているスマートフォンを活用し、国を跨いだ共通ポイント事業者間で協業することで、訪日客が日本でボーダレスに共通ポイントサービスを利用できると同時に、提携企業のインバウンド需要にも対応する、日本初のサービスとなります。
台湾を皮切りとして、アジアを中心に対象となる国やサービスを拡大するとともに、同様のサービスを日本のPonta会員向けに提供することも検討いたします。


LMは、「Ponta」の「便利・おトク・楽しい」世界が、いつでもどこでも広がる生活密着型サービスを提供しています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事