logo

NSW、NTTドコモ向けにIoTクラウドサービスを開発~サーバアプリ開発不要、直感的操作を実現する「Toami for DOCOMO」がスタート~

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、IoTクラウドプラットフォーム「Toami(トアミ)」を活用した新たなIoTクラウドサービス「Toami for DOCOMO」を開発し、12月21日に株式会社NTTドコモ(以下:ドコモ)より販売が開始されます。

「Toami for DOCOMO」は、ドコモの3G/LTE回線を介してIoT機器やセンサーから収集したデータを表示・活用することができるIoTクラウドサービスです。IoTシステムを構築する上で必要な機能を部品化し、柔軟に組み合わせることができる「Toami」の機能設定をさらに簡略化し、お客様のシステム要件や規模に応じてIoTサービスを導入することが可能です。

本サービスでは、お客様やシステム構築事業者向けにデータ取り込み用APIを公開し、IoT機器などから送信されるデータを定型化することにより、サーバ側アプリの初期開発が不要になりました。あわせて、直感的な操作が可能な管理機能により、お客様自身が容易に収集データの見える化やアラートメール送信、取得データのCSV出力などの各種設定を行えるようになりました。

本サービスの提供により、IoTサービスへの参入を検討されるお客様にはさらに短期間でコストを抑えて導入していただくことが可能で、実証実験から商用サービス展開まで本格導入に向けた迅速な支援が可能になりました。

以上
■関連リンク
・NTTドコモニュースリリース(リンク
・IoTクラウドサービス「Toami for DOCOMO」(リンク
・IoTクラウドプラットフォーム「Toami」(リンク

■「Toami」(Powered by ThingWorx ※)について
IoTサービスを開発・構築するための専用プラットフォームです。収集したデータの見える化や機器制御をはじめ、データ分析などが行えます。デバイス管理やデータ管理、外部連携機能などを網羅したノンプログラミング開発基盤により、開発効率の大幅な向上とコスト削減を実現しています。

※ThingWorx (PTC IoTビジネス) について
PTC のIoT(モノのインターネット)事業であるThingWorx は、「モノがインターネットに接続されたコネクティッドな環境」において、アプリケーションの開発と実行を効率的に行うプラットフォームテクノロジーを提供しています。PTCのIoTテクノロジーポートフォリオの中心となるThingWorxは、接続性、デバイスクラウド、ビジネスロジック、ビッグデータ、データ解析、遠隔サービス等のアプリケーションを含む、世界初の完全なIoTプラットフォームを実現しています。この組み合わせは、企業が安全にアセットを接続し、すばやくアプリケーションを開発し、価値を生み出す新たなアプローチを切り開くことを可能にする、包括的なIoTテクノロジースタックを提供します。このテクノロジーを活用し、製造業、エネルギー、農業、輸送、政府関係機関等の幅広い市場における企業や機関が、すでにIoTの可能性を活かす取り組みを推進しています。 Webサイト: www.thingworx.com、www.ptc.com Twitter: @ThingWorx、@PTC

■NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年に創業。各業種対応のシステム開発、大規模システム運営、データセンターでのアウトソーシングなどをワンストップで提供します。これらの実績を生かし、ITリソースを提供するだけでなく、監視・運用などのデータセンターソリューションや移行設計などのインテグレーションを含めた幅広いサポートを提供するクラウドコンピューティングサービスも実現しています。また、モバイル端末・カーエレクトロニクスなどの組込みシステム開発を行うほか、LSIやボードの設計開発も手掛けています。詳細は、リンクをご覧ください。

■サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
ITソリューション事業本部 M2M/IoTビジネス部:大野
TEL:03-3770-0017
FAX:03-3770-0018
E-mail :m2m@list.nsw.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室広報担当:河岸、金子
TEL: 03-3770-4014
FAX: 03-3770-4953
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。