logo

楽天トラベル 、【バス】2015年 バス路線 年間人気ランキングを発表

「はとバス」との連携開始、北陸新幹線開業、LCC専用の第3旅客ターミナル開業など今年話題のエリアのバスが人気に

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営する旅行予約サービス「楽天トラベル」( リンク )において、2015年に人気が急上昇した「バス路線年間人気ランキング」TOP10( リンク )を発表しました。



[画像1: リンク ]

バス路線伸び率(※1)ランキング

[表1: リンク ]



2015年総まとめ!予約急上昇のバス路線 年間人気ランキング→ リンク

■2015年5月「はとバス」との連携開始、東京観光需要の促進に成果
今年「楽天トラベル」でもっとも利用の伸びたバス路線は「東京都内(定期観光バス・日帰りバスツアー)」となりました。特に今年5月から「はとバス」が運行する定期観光バス約60コースが直接予約可能となり、「楽天トラベル」会員からの予約が急増しました。
「楽天トラベル」のバスサービスは2004年11月9日に国内の高速バス予約サービスを開始し、2014年2月に累計利用者数が1,000万人を突破するなど、年々高速バスの利用者数を増やしています。2015年は新たに「はとバス」との連携を行うことで、定期観光バスの利用者数をさらに拡大し、各地域の観光需要促進や訪日外国人の予約促進につなげていく転換期となりました。

■北陸新幹線開業、LCC専用の第3旅客ターミナル開業など今年話題のエリアのバスが人気に
2位にランクインした「大阪府⇔福井県・石川県」のバスの中で、特に直行バス「SPA LINE 北陸」(大阪→あわら湯のまち駅・越前あわら・加賀山代・加賀片山津温泉)が好調でした。2015年3月に開業した「北陸新幹線」の影響で首都圏から北陸エリアへの旅行が急増している一方で、アクセスしやすい関西方面からのバス利用の注目度も高くなっています。
3位には「東京都⇔千葉」路線がランクイン。今年の4月に格安航空会社(LCC)専用の第3旅客ターミナルビルが開業した「成田空港」に向かう格安バスの人気が高まっています。

2015年「はとバス」人気ツアーランキング(※2)

[表2: リンク ]



■バス王子に聞く!「はとバスツアー」の人気ツアーの傾向は?
[画像2: リンク ]



今年から「楽天トラベル」で直接予約が可能となった「はとバス」ツアーは、東京観光の定番として人気が高まっています。特に東京観光のシンボル的存在である「東京タワー」や「東京スカイツリー(R)」を見学できるコースが人気の傾向にあります。また、利用者は日本全国幅広くご利用いただいており、特に首都圏以外でも兵庫県・大阪府・愛知県などのお客様の予約が好調です。
「はとバス」の定期観光バスをはじめとして、様々な地域で観光・旅行を楽しんでいただけるよう、今後もバス路線の幅広い商品展開とバス旅行のご提案を行っていきたいと考えています。
(コメント:「楽天トラベル」バスグループ佐藤 修『バス王子』)


※1 2015年11月15日時点でのバスサービスでの乗車人数実績をもとに前年同期比で算出
-対象期間(出発日ベース):2015年1月1日~2015年12月31日
※2 「楽天トラベル」のバスサービスで予約可能な「はとバス」定期観光バスコースの乗車人数の多い順にランキングを作成。
対象期間(出発日ベース):2015年1月1日~2015年12月31日(2015年11月15日時点)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事