logo

Dropboxとエムオーテックスが協業「LanScope Cat」最新バージョンで「Dropbox」へのアップロードログ・ダウンロードログ取得に対応予定

 エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口達也、以下MOTEX)は、Dropbox Japan株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河村浩明、以下Dropbox)との協業を発表します。これにより、MOTEXのネットワークセキュリティ統合管理ツール“LanScope Cat”の最新バージョン(2016年1月末リリース予定)において、クラウドストレージサービス「Dropbox」のログ操作取得を実現し、企業における個人情報や機密情報などの漏えい対策強化を促進いたします。



[画像1: リンク ]

 クラウドへの移行が加速度的に進み、データの受け渡しや共有のため、クラウドストレージを利用する機会も増えてきています。クラウドストレージサービスでシェアNo.1を誇る「Dropbox」は、クラウド上にファイルを保存するだけではなく、グループでファイル共有や同時編集ができ、業務効率を高めることができます。その一方、いつでもどこからでもデータにアクセスできることは、利便性と同時にセキュリティリスクも高まるため、社内システム担当者は、従業員の利用状況を正確に把握することが重要です。
 今回、国内8,500社が導入するIT資産管理・情報漏えい対策ツール“LanScope Cat”の最新バージョンでは、Dropboxへのファイルのアップロードログ・ダウンロードログ取得に対応します。

 “LanScope Cat”と「Dropbox Business」を組み合わせて使うことにより、業務PC上でのファイルのアップロード前・ダウンロード後の操作ログは“LanScope Cat”で、Dropbox上での操作ログは「Dropbox Business」で取得できるので、利用者の一連の操作をすべて履歴として把握することが可能となります。これにより、ビジネススシーンにおいても利便性の高い「Dropbox」を、より安全に活用できます。
 今後MOTEXは、Dropbox社とプロモーション活動や技術的な情報連携を含めた協業体制を強化し、ユーザー企業のセキュリティ課題解決を支援して参ります。
[画像2: リンク ]

  LanScope CatとDropboxの連携イメージ

■Dropbox Japan株式会社 代表取締役社長 河村浩明様よりコメントを頂いております。
 実績ある“LanScope Cat”と「Dropbox Business」が連携することで、より多くの企業ユーザーの皆様に「Dropbox Business」をご利用いただけるようになることを期待しております。いつでもどこからでも同僚や取引先と共同作業が可能な “コラボレーションプラットフォーム”として機能する「Dropbox Business」を今後も便利に、安全にお使いいただくことで、ビジネスパーソンの業務効率向上、そしてワークスタイルの変革に貢献したいと考えています。
                                       Dropbox Japan株式会社
                                       代表取締役社長 河村 浩明

■全国4拠点でMOTEX・Dropbox共催セミナーを開催
MOTEXでは、“LanScope Cat Ver.8.3”の2016年1月末のリリースに伴い、エンドユーザー様向けセミナーの開催を1月26日(火)より全国4拠点で予定しています。
セミナー開催概要:リンク

【セミナースケジュール】
大阪会場:1月26日(火) 名古屋会場:1月27日(水)
東京会場:1月28日(木)  福岡会場:2月2日(火)

■LanScope Cat Ver.8.3リリース特設サイト「Dropbox Japan 河村社長インタビュー」記事
インタビュー記事:リンク

■LanScope Cat Ver.8.3リリース特設サイト
特設サイト:リンク

■「Dropbox」について
 Dropbox のミッションは、ユーザーの共同作業をシンプルにすることです。世界中の4億人以上のユーザーに向け、Dropboxは世界一シンプルで強力なコラボレーションプラットフォームを構築しています。詳細については リンク をご覧ください。

■“LanScope Cat”について
“LanScope Cat”は、多くの企業が抱えるIT資産管理や情報セキュリティ対策の課題を解決し、企業成長をサポートするセキュリティツールです。1996年の発売以来、時代のニーズに応じて進化しつづけ、その結果多くの企業の信頼を集め、2015年10月時点で8,500社※1が導入。IT資産 / PC構成管理ソフトウェア部門で11年連続シェアNo.1※2となるほか、顧客満足度No.1※3など統合運用管理ソフトとして数々の賞を受賞しています。
LanScope Catサイト:リンク
※1:当社調べ
※2:富士キメラ総研「2015年ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 上巻」の「IT資産/PC構成管理ソフトウェア」分野
※3:中小企業向けセキュリティアワード2015「今後も利用し続けたいIT資産管理製品 第1位」「誰かにすすめたいIT資産管理製品 第1位」

■エムオーテックスとは
MOTEXは、ネットワークシステム管理・ネットワーク情報漏えい対策商品LanScopeシリーズの企画・設計・開発から販売を一貫して行っているメーカーです。MOTEXは、今後もお客様の企業利益を創出するセキュリティ対策をご提案します。

社名: エムオーテックス株式会社
所在地: 〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-12-12 エムオーテックス新大阪ビル
代表: 代表取締役社長 河之口達也
事業内容: 自社商品“LanScopeシリーズ”の企画・設計・開発・販売
資本金: 2,000万円
URL:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。