logo

村田製作所、増加するグローバル拠点での製品設計と開発環境の変化を一元管理するPLMとして、Arasを使用

電子部品メーカー大手が、変更管理の効率化、顧客サービスの向上のために、柔軟でカスタマイズ可能なArasのPLMを活用

注:本資料は米国マサチューセッツ州アンドーバーで2015年12月15日(現地時間)に発表されたプレスリリースを日本語に翻訳したものです。

ANDOVER, Mass. and Tokyo, Japan –2015年12月15日(米国東部時間) – エンタープライズ・プロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアの次世代リーディングカンパニーであるArasは、本日、セラミックスをベースとした受動電子部品およびソリューションの開発・生産・販売を行なう世界的メーカーである株式会社村田製作所(以下、村田製作所)が、拡張するグローバルなビジネス展開を統一するためにAras Innovatorを使用していると発表しました。村田製作所は、既存のPLMを置き換えた後、エンタープライズPLMのプラットフォームとしてArasを導入し、製品設計や仕様変更に関する情報の容易かつ安全なやり取りなど、開発および製造拠点間のコラボレーションを効率化しています。

村田製作所がArasを選択したのは、統合や買収などで異なる製品管理ワークフローに速やかに適応することが必要となるなか、拡大するビジネス戦略に対応するためにArasのソリューションの柔軟性やカスタマイズのしやすさが理想的であったためです。さらに、Arasは顧客の要求をより効率的に管理し、顧客サービスを向上させるためにも活用されます。

村田製作所のAras導入決定のポイント:
・開発者がいなくてもカスタマイズが可能
・ユーザー数の増加に対し、TCO総コストを抑えるサブスクリプションモデル
・ユーザーアクセス管理とエンドツーエンドのセキュリティ
・世界各地の新旧拠点における設計変更通知を伴う製品および仕様変更の管理
・異なるエンドユーザーのシナリオに対応できる柔軟なアプリケーション

「村田製作所では、とりわけ電子部品のコモディティ化への流れに関連して、複雑な製品システムの設計開発の難しさを認識しています。」と、Aras CEOのPeter Schroerは述べています。「Arasは、同社が目まぐるしく変化する今日のグローバル市場に最先端の製品を継続的に投入できるよう、その製品開発プロセスの変革に必要な柔軟性を提供していきます。」

【村田製作所について】
村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品、通信モジュールおよび電源モジュールの開発・生産・販売の行う世界的メーカーです。先端電子材料、および最先端・多機能・高密度モジュールの開発に専心しており、世界中に従業員および生産拠点を有しています。詳細はこちらのページをご覧ください。リンク

【Arasについて】
Arasはプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウエアプロバイダーで、複雑な製品・プロセス構造に悩むグローバル企業に最適なソリューションを提供しています。ArasのPLMは、高い拡張性と柔軟性を誇るセキュアなプラットフォーム技術を採用しており、いかなる規模の企業様でも全ての優れた機能をご活用頂けます。GE、GETRAG、日立、ホンダ、モトローラ、テキストロン、ゼロックスなど、世界中のビジネス顧客がArasを採用しています。Arasは米国マサチューセッツ州に本社を構えるプライベートカンパニーです。詳細に関しては www.aras.jp および Twitter @ArasJapan をご覧ください。

※ここに掲載されている製品名称やサービス名称はそれぞれ各所有者の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。