logo

TBWA HAKUHODO QUANTUM、岡村製作所、博報堂アイ・スタジオと 上下昇降デスク「Swift(スイフト)」と連携するスマートフォンアプリを開発

株式会社TBWA HAKUHODO 2015年12月15日 16時05分
From Digital PR Platform


株式会社 TBWA HAKUHODO (本社:東京都港区、代表取締役社長兼 CEO: 佐藤雄三) で新規事業開発を手掛ける「TBWA HAKUHODO QUANTUM」(以下、クオンタム) は、株式会社岡村製作所と株式会社博報堂アイ・スタジオとともに、岡村製作所の上下昇降デスク「Swift(スイフト)」と連携するスマートフォンアプリを共同開発したことをお知らせします。

クオンタム、岡村製作所、博報堂アイ・スタジオは、それぞれが持つ強みを掛け合わせるオープン・イノベーションを実践し、オフィスのIoT化、働き方をアップデートする製品・サービスを開発することを目指し「okamura × IoT PROJECT」を協働で推進してきました。このスイフト連携スマートフォンアプリは、プロジェクトの第一弾製品となります。3社は、2015年11月に開催された岡村製作所の新製品発表会である「オカムラグランドフェア 2015」にてプロトタイプを発表、2016年春リリースを予定しています。

このスイフト連携スマートフォンアプリでは、簡単にスイフトの上下昇降操作ができることに加えて、1日のデスクワークでの立ち座りの回数や時間といったログ機能、姿勢を変えることを促すノーティフィケーション機能等を有しており、立ち姿勢を積極的に取り入れる「+Standing(プラススタンディング)のはたらき方」の効果を見える化し、習慣づくりをサポートします。



※画像提供:岡村製作所
※画面の仕様はリリース時には変更になる場合があります。
※初年度はiOS用アプリのみリリース予定


■株式会社 岡村製作所について
リンク
株式会社 岡村製作所(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村雅行)は、オフィス環境、商環境、物流システムなどの分野で家具や什器を製造・販売し、1945年の創業以来「人間と環境」をテーマに培ってきたハード・ソフトのノウハウをベースに常に質の高い製品・空間を提供する企業です。快適な空間づくりをめざすソリューション企業としても、よりよい働き方と働く環境づくりを紹介しています。
2015年には「It’s my style はたらき方を変える。組織が変わる。」というコンセプトのもと、ワーカーの個々のスタイルを活かし、それぞれのビジョンを共有する組織の文化も活かせるような環境づくりを提案しています。

■株式会社 博報堂アイ・スタジオについて
( リンク )
株式会社 博報堂アイ・スタジオ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林誠一)は、クライアント企業のWebサイト、プロモーションサイト、キャンペーンサイトの企画制作とそのコンサルティング、それに伴うシステム開発、公開後のPDCAマネジメントから多言語対応まで、一貫したトータルサポートを高クオリティでご提供しています。さらに、中国やASEAN諸国のクライアント企業へのサポートも同様に行っています。また、近年普及がめざましいスマートデバイス向けのサービス開発やアプリ制作をはじめ、SNS、O2O、クラウドサービスといった領域でのソリューション提供にも積極的に取り組んでいます。

■TBWA HAKUHODO QUANTUM(クオンタム)について
( リンク )
大企業とスタートアップによる共同事業開発モデルであるコーポレート・アクセラレーター運営サービスを主軸とした「スタートアップの革新的な技術やアイデア」と「大企業のパワー」の共創による事業開発の包括的な支援を行います。また、TBWAのグローバルネットワークや博報堂グループの知見を生かし、スポンサーとなる大企業とプロジェクトに参画するスタートアップの双方に精通したプロジェクトマネージャーによる運営、経験豊富なデザイナーやエンジニアを 含む多様なクリエイティブ人材やグロースハッカーチームによるサポートを提供します。クオンタムは、大企業とスタートアップ企業の連携は日本にイノベーションの生態系を構築する 上での重要なテーマの一つと考え、様々な提携を推進していくために、スタートアップ企業を対象とした支援サービスを今後も展開していきます。


<本件に関する問合せ先>
TBWA HAKUHODO QUANTUM 広報担当:谷口奈緒子 藤原美和子
電話:03-5446-7386 FAX:03-5446-7242
E-mail:koho@tbwahakuhodo.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。