logo

設置先の費用ゼロ!!!本格的デジタルサイネージを実現する「搭載型デジタルサイネージ自販機」2016年1月から提供開始。

株式会社日本マシンサービス 2015年12月15日 13時00分
From PR TIMES

株式会社日本マシンサービス(本社: 東京都墨田区 , 代表取締役: 片桐茂夫 )は、自販機上部に大型モニターを搭載した、本格的デジタルサイネージを実現する「搭載型デジタルサイネージ自販機」(意願2015-020075商品自動販売機、出願2015/9/9)を開発し、既存自販機への置換え需要を見込んで2016年1月から提供を開始する。¬
・ 本サービスは、自販機に搭載したモニターで、コンテンツを放映し広告・広報活動を行う、デジタルサイネージシステムです。
・ 器材費(ケース、モニター、メディアプレーヤー、管理ソフト)を14万6千円という低コストに抑えたため、初期費用および運営費を自販機売上金で賄うことが可能になり、その結果、設置先は費用ゼロでデジタルサイネージシステムの導入が可能です。
・ 本デジタルサイネージシステムは、既存自販機に搭載可能なため、設置先は新たなスペース確保が不要です。
・ コンテンツの配信方法は、SDカード方式とネットワーク方式が可能であり、ネットワーク方式であれば、一元的にスケジュール管理されたコンテンツを複数の自販機に配信することが出来ます。



★デジタルサイネージの特徴

1.画面分割が可能
分割数の制限無(分割しすぎると見辛くなるので、3分割以下を推奨)
自由なレイアウトが可能

2.動画、静止画の混在可能
動画は1画面1表示。その他の分割画面は静止画のスライドショー。

[画像1: リンク ]


3.音声出力可能
動画コンテンツ付帯音声を動画表示時に出力

4.スケジュール管理が可能
TV放送の様に1日を通した番組編成可能

5.複数のメディアプレーヤーを一括管理(ネットワーク方式の場合)
複数のメディアプレーヤーへ、一回の更新操作で配信が可能増設台数無制限

★選択可能な配信システム

1.SDメモリーカード方式
コンテンツ情報を入れたSDカードを手作業でメディアプレーヤーに挿入し、コンテンツを再生します。

[画像2: リンク ]


2.ネットワーク方式
インターネットを使い、複数の拠点に対して一括で管理が可能です。
[画像3: リンク ]




★自販機へ取り付け構造

搭載型デジタルサイネージ自販機は、既存自販機をそのままお使いいただけます。
既存自販機に細工をせず搭載します。既存自販機の扉を開ける必要がありません。
SDカード交換の際、自販機の扉を開ける必要がありません。
[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]




★搭載型デジタルサイネージ自販機基本仕様

・モニターサイズ: 32インチ
・自販機飲料セレクション数: 25セレクション
・自販機外形寸法: 幅1000mm×奥行き670mm×高さ1820mm
・サイネージユニット寸法: 幅1000mm×奥行き670mm×高さ480mm
・メディアプレーヤー: BrightSign製 型番HD222

★弊社ショールームリニューアルオープン。

12月15日より弊社ショールームに搭載型デジタルサイネージを展示し、公開します。
見学希望の方はご予約の上、下記の時間にショールームまでお越しください。

平日 10:00~18:00
[画像8: リンク ]


[画像9: リンク ]

株式会社 日本マシンサービス 担当:片桐拓弥

京島事務所 〒131-0046 東京都墨田区京島3-62-3

Tel: 03-3610-6448  Fax: 03-3610-6449  Mail: info@jms80.co.jp

HP: リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。