logo

CoorsTekと旧コバレントマテリアルが一体となった技術の成果を セミコン・ジャパンでご覧いただけます

クアーズテック 2015年12月15日 10時39分
From 共同通信PRワイヤー

CoorsTekと旧コバレントマテリアルが一体となった技術の成果を セミコン・ジャパンでご覧いただけます

AsiaNet 62866

お客様のご要望にお応えしたエンジニアドセラミックス部材が、最先端の半導体プロセスを支えています

クアーズテック株式会社

日本・東京、米国・コロラド州ゴールデン、 2015年12月15日

世界最大のエンジニアドセラミックス・メーカであるCoorsTekは、12月16~18日に東京で開催されるセミコン・ジャパンにおいて、半導体プロセス部材をフルラインナップで展示いたします。これは、セミコン・ジャパンで CoorsTekとコバレントマテリアル(旧東芝セラミックス、現・クアーズテック株式会社)が統合された成果をお見せする初めての機会となります。CoorsTekは 昨年のセミコン・ジャパン開催直後の2014年12月に、コバレントマテリアルを買収いたしました。

CoorsTekは、次のような高純度セラミックと耐久性に優れた製造装置用部材を展示します。

-- PureSiC(TM) CVD炭化ケイ素、PlasmaPure-UC(TM) アルミナ、StatSafe(TM) 耐ESDセラミックなどの超高純度半導体グレードのセラミック
-- 窒化アルミニウム、グラファイト、石英、イットリアおよびその他の先端部材
-- RTP、エピ、エッチング、インプラント、その他の先端プロセス向けカスタム設計部材

半導体産業はCoorsTekの重要な市場であり、CoorsTekは業界で最大かつ最も経験豊富で、信頼を得ている半導体プロセス開発のパートナーです。「半導体の製造工程はより高度な局面へと進化し続けており、極限まで高めた純度とプロセスの汚染除去の必要性がさらに高まっています」と、ジョナサン・クアーズ、CoorsTek半導体・医療グループ最高経営責任者(CEO)は説明しています。 「クアーズテック株式会社の高度な技術が加わったこの一年間は、私たちがお客様の生産性向上、ダウンタイムの削減、スループットの向上を実現する方法を発展させてきたことに他なりません。」

お客様のご要望についてのご相談には、CoorsTekのブース5621までお越しください。または、coorstek.com をご覧ください。

クアーズテックについて
CoorsTekは、他に類のない高品質の製品を求める先端技術企業・製造会社に応え、エンジニアドセラミックスや先端素材を提供し、世界を目に見えるかたちで改善していきます。CoorsTekの製品は、エネルギー、輸送、情報技術、医療、防衛分野のグローバルな課題に対して卓越したソリューションを提供することで、多くの人々の生活に関わっています。製品情報、1910年以来の沿革および北米、南米、欧州およびアジアでの拠点などについて、詳しくはwww.coorstek.com をご参照ください。

お問い合わせ窓口:
クアーズテック株式会社
社長室法務グループ 井上史郎
03-5437-6265
Shiro_Inoue@coorstek.co.jp


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。