logo

札幌学院大学カーリング部が「第6回全日本大学カーリング選手権大会」で男子・女子チームともに優勝 -- 男女揃って 2連覇達成

札幌学院大学 2015年12月15日 08時05分
From Digital PR Platform


札幌学院大学(北海道江別市)カーリング部は、12月4日から6日にかけて行われた「第6回全日本大学カーリング選手権大会」において、男子・女子チームともに優勝。昨年に続き、男女揃っての2連覇達成となった。なお、同大会の結果により、ユニバーシアード日本代表決定戦の出場権を獲得した。


 札幌学院大学カーリング部は男子4人、女子4人、計8人の部員からなり、2013年に発足した。当初から全員が「世界を目指す」という目標を持ち練習に励み、日本ジュニア選手権大会では男女ともに優勝し、パシフィックアジアジュニア選手権(中国・ハルビン)出場を果たした。

 今年度は体力面、精神面、技術面をさらに強化。このたび開催された「全日本大学カーリング選手権大会」では圧倒した力を示し、男女揃っての優勝を勝ち得た。
 同大会の結果により、ユニバーシアード日本代表決定戦への出場権を獲得。今後は、日本選手権、世界選手権を目指して活動する。将来的には3年後の冬季オリンピック出場を目標に掲げている。

■第6回全日本大学カーリング選手権大会(12月4日~6日、どうぎんカーリングスタジアム)  戦績
 女子は5チームによる予選リーグが行われ、札幌学院大学は全勝で予選を通過。2位には3勝1敗の東京農業大学、3位は2勝2敗の北海道大学、4位は1勝3敗の帯広畜産大学で予選を通過。北見工業大学は、4戦全敗で予選敗退となった。
 男子は7チームがAブロック4チーム、Bブロック3チームで予選リーグを実施。Aブロックは1回戦総当り、Bブロックは2回戦総当りで行なわれ、同大はAブロックを全勝で予選通過。2位には帯広畜産大学2勝1敗で予選通過、北海道大学と慶應義塾大学が予選敗退となった。Bブロックは全勝の北見工業大学が1位、2位には東京農業大学が予選通過、京都大学が予選敗退となった。
 準決勝は、女子は帯広畜産大学を、男子は東京農業大学を破り決勝に進出。決勝では、女子は東京農業大学を破り勝ち進んだ北海道大学と、男子は北見工業大学を破り勝ちすんだ帯広畜産大学と対戦し、ともに圧倒した力を示し男女揃って優勝を勝ち得た。

※同大カーリング部 過去の戦績については添付PDFを参照。

▼取材等に関する問い合わせ先
 札幌学院大学広報入試課広報係
 TEL: 011-386-8111(代表)
 E-mail: kouhou@ims.sgu.ac.jp
 URL: リンク

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。