logo

関東・東北豪雨被災地の茨城県常総市で佛教大学の学生がボランティア活動を実施 -- 12月12・13日

佛教大学 2015年12月12日 08時05分
From Digital PR Platform


今年9月の豪雨により大きな被害を受けた茨城県常総市で、佛教大学社会福祉学部の学生10名が、泥のかき出しなどのボランティア活動を12月12日(土)・13日(日)に行う。


 現地でのボランティア活動に既に参加した学生が、復旧が進まない現状を知り、今回の活動へとつながった。活動には、社会福祉学部で防災活動支援を学ぶ学生ら10名が参加する。
 なお、現地では浄土宗災害復興事務局の協力を得て、浄土宗寺院に宿泊予定。

※報道機関の皆さまにおかれましては、ご多忙中とは存じますが、取材についてご検討いただきますようにお願いいたします。

◆概要
【日 程】
■12月11日(金) 
 22:30 大学紫野キャンパス出発
 23:30 京都駅経由
■12月12日(土) 
 8:30  茨城県常総市到着 現地でボランティア活動
 ※現地浄土宗寺院に宿泊 
■12月13日(日)
 9:00  現地でボランティア活動
 16:00  活動終了
 19:00  現地出発
■12月14日(月)    
 早朝  京都駅・大学紫野キャンパス到着 
【内 容】
 被災家屋のがれき除去、壊れた家財の撤去、泥のかき出し、清掃など
 ※常総市地域支えあいセンターのコーディネート
【参加者】 14名(社会福祉学部学生10名、同大教職員2名、卒業生2名)

▼報道機関からの問い合わせ先
 佛教大学 広報課 (担当:米林・桝井・米田)
 〒603-8301 京都市北区紫野北花ノ坊町96
 TEL: (075)493-9050(直通)・(075)491-2141(代)
 FAX: (075)493-9040 
*12日(土)・13日(日)の問い合わせ先:TEL 090-7555-5340(社会連携課:森脇・丸谷)

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事