logo

Tata Housingがマイレージ付きHappy Returns住宅販売キャンペーン第2弾

Tata Housing 2015年12月11日 13時13分
From 共同通信PRワイヤー

Tata Housingがマイレージ付きHappy Returns住宅販売キャンペーン第2弾

AsiaNet 62832 (1616)

【ドバイ(アラブ首長国連邦)2015年12月10日PR Newswire=共同通信JBN】インドで急成長中の不動産企業Tata Housingが、2015年7月に開始したハッピー・リターンズ(Happy Returns)キャンペーンの驚異的成功に続いて10日、キャンペーン第2弾を発表した。第2弾キャンペーンでは、顧客はインド国内のTata Housingプロジェクトすべての住宅購入に対して、インド航空会社ジェットエアウェイズから8万7000-400万のJet Privilegeマイレージを取得する権利を与えられる。

この無料マイレージは、顧客のJet Privilegeアカウントに顧客からの20%支払い完了に対して組み入れられる。顧客がJPアカウントを持っていない場合、新しいアカウントが作成され、マイレージが振り込まれる。このオファーは、インド旅券保持者、インド国外の有効なワークパーミット保持者、グリーンカード(永住ビザ)保持者を含め、有効な在外インド人(NRI)ステータスを持つ国外在住顧客に限定適用される。

Tata Housingのブロティン・バネルジー最高経営責任者(CEO)兼マネジングディレクターは「年末の祝祭シーズンは、在外インド人が帰国して家族と再会する時期であり、われわれは彼らがドリームホームを予約する好機と考えている。Tata Housingは在外インド人から有望な反応を受け取っている。彼らは現在でも当社売上高の15-20%を占め、3、4年後には25-30%に増加する見込みである。前述のような地理に属するインド・コミュニティーの関心が高まっていることから、ハッピー・リターンズ・キャンペーンはこのような夢の実現に貢献する第一歩となる」と語った。

在外インド人は、インドの不動産を実利的な投資先とする見方を強めており、このセクターの成長とダイナミズムが理由となってインド国内の不動産を購入している。さらに、Tata Housingは、2013年にオンラインによる住宅販売事業を先駆け、プロジェクトをすべてオンライン登録しており、在外インド人の利便性が高まっている。Tata Housingは顧客の住宅購入がすべてオンラインでできる統合決済ゲートウエーを開設した。例えば、同社は最近、インド最大のオンラインセールであるエコラグジュアリーなプロジェクトMyst、Kasauliによって、5500万インドルピーのビラを販売した。

Tata Housingが販売する住宅は、十分な研究を経たあと設計される。それらの住宅は、インド居住者、非居住者双方の個性と嗜好の延長である。Tata Housingはコンシェルジュ・サービス、スパ・サービスに合わせてスマートホーム施設、インフィニティプール、クラブハウス、コミュニティーセンターの最新アメニティーなど、プロジェクトを通じて顧客に差別化、カスタマイズされた住宅を提供することに専念している。

リンク

▽メディア問い合わせ先
Amit Nanda
91-9820103119
amitnanda@tatahousing.com

ソース:Tata Housing

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。