logo

JR東日本グループ清掃競技会タブレット化Rubyシステム開発事例を公開

Ruby開発に強いトランスネットがJR東日本グループ清掃競技会タブレット化Rubyシステム開発事例を公開しました。

本競技会の審査集計は以前まで紙で行っていました。それにより審査集計に4時間ほどかかっていました。そこでタブレット上のアプリケーションに審査結果を記入し、即時的に集計する方法を採用してはどうかとの意見があり、短期間で端末環境に依存しないシステムを構築できるトランスネットの案が採用されました。

(本事例のダウンロードは以下よりお願いいたします)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。