logo

クールな息でウルトラな男に! [e-maのど飴]×[A MAN of ULTRA]2015年12月14日(月)より発売開始!

フィールズ株式会社 2015年12月11日 11時00分
From Digital PR Platform


フィールズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大屋高志、以下「フィールズ」)とグループ傘下の株式会社円谷プロダクション(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大岡新一、以下「円谷プロ」)が共同で展開するライセンスブランド「A MAN of ULTRA」(ア・マン・オブ・ウルトラ)は、UHA味覚糖株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:山田泰正、以下「UHA味覚糖」)が展開する「e-maのど飴」とのコラボレーション商品を、2015年12月14日(月)よりセブン-イレブンにて先行発売することが決定しました。また、A MAN of ULTRA公式オンラインストア[リンク]でも2016年1月下旬より発売します。

この度発売される「e-maのど飴」とのコラボ商品は、ウルトラマンをモチーフにした「スペシウムコーラ」と、ウルトラセブンをモチーフにした「アイスラッガーソーダ」の2種類です。“クールな息でウルトラな男に!”をコンセプトに、大人の男性をターゲットにした、斬新な缶のデザインと、センターのタブレットにキシリトールを入れることで実現した爽やかでクールな味わいが特徴です。

「A MAN of ULTRA」は、「日常の世界に“ウルトラな男”を創り出す」をコンセプトに、さまざまな企業やブランドとの協業によって商品を展開する新たな取り組みのライセンスブランドです。本ライセンスにおいて初の菓子メーカーとの協業商品の発売となります。


― ≪[e-maのど飴]×[A MAN of ULTRA] 商品概要≫ ―

■商品名 : e-maのど飴×A MAN of ULTRA 
      (スペシウムコーラ、アイスラッガーソーダ)
■発売日 : 2015年12月14日(月)
■価 格 : 各300円(税抜)
■内容量 : 27g
■パッケージサイズ : 32×80×24 mm
■賞味期限 : 12ヶ月
■コンセプト : クールな息でウルトラな男に!
■販売店舗 :
全国のセブン-イレブン(商品の取り扱いのない店舗もございます)
オンラインショップ など
A MAN of ULTRA公式オンラインストア(2016年1月下旬販売開始予定)


― ≪[e-maのど飴]×[A MAN of ULTRA] 商品詳細≫ ―

■e-maのど飴 × A MAN of ULTRA (スペシウムコーラ)
 (デザイン)
  ウルトラ兄弟の長兄・ゾフィーに続く2番目であるウルトラマンを、NO.2と表現。
  缶の表面には“A MAN of ULTRA”のシンボルマークである、
  スーツを着たウルトラな男の後ろ姿が描かれています。
  缶のサイドにも“2”のナンバーとシンボルマークをあしらい、
  メタリックなボディは、表層フィルムをはがすとクールで
  スタイリッシュな印象を与えます。
 (味の特徴)
  体内のスペシウムエネルギーをスパークさせ発射するスペシウム光線を
  イメージし、スパイスや柑橘など様々な香りが弾けるコーラ味に仕上げています。
  また、センターのタブレットにキシリトールを入れることで、
  これまでのe-maにないクールな味わいを実現しました。
 (形 状)
  通常の球体のe-maと異なり、
  ウルトラヒーローの目の形を模したしずく型に仕上げています。

■e-maのど飴 × A MAN of ULTRA (アイスラッガーソーダ)
 (デザイン)
  ウルトラセブンをイメージした数字の“7”をメインにデザイン。
  実はウルトラ兄弟の3番目であることから、“A MAN of ULTRA”の
  シンボルマークである、スーツを着たウルトラな男の後ろ姿の上に
  小さくNO.3と入れることで、大人の遊び心を効かせています。
  缶のサイドには“7”とシンボルマークをあしらい、
  こちらもメタリックなボディとクールな印象でe-maと
  A MAN of ULTRAの世界観を表現しています。
 (味の特徴)
  ウルトラセブンの武器であるアイスラッガーのシャープさをイメージした
  テイストのソーダ味に仕上げました。センターのタブレットにキシリトールを
  入れることで、噛んだ瞬間のひんやりとした味わいがまさに名前の通りです。
 (形 状)
  通常の球体のe-maと異なり、
  ウルトラヒーローの目の形を模したしずく型に仕上げています。


― ≪A MAN of ULTRA とは?≫ ―

株式会社円谷プロダクションと親会社であるフィールズ株式会社が共同事業として展開する、大人をターゲットにした新しいライセンスブランドで、2015年4月21日から事業をスタートし、すでに30社以上が参加しています。

ウルトラマンの生みの親である円谷プロは、「いつの時代も世の中に必要とされるヒーローを送り出したい」という願いのもと、約50年にわたり数々のウルトラマンシリーズをプロデュースしてきました。そして今、日々の生活の中からもヒーローを生み出したいという思いから、「A MAN of ULTRA」=「日常の世界にウルトラな男を創り出す」という新しいコンセプトを導き出しました。円谷プロが持つ膨大なアーカイブを活用しながら、キャラクターをリアルに表現しないという制約以外、自由にデザインすることができるというのが特徴です。キャラクターライセンスではなく、コンセプトを形にするという日本でも非常に珍しい「コンセプチュアル・ライセンス」です。

日本のすべての男性に勇気を与え、「ウルトラな男になって欲しい!」、ヒーローを見て育った大人たちに「これからは自分自身がヒーローになって欲しい!」、そのようなメッセージが届けられるよう、協業するすべての企業やブランドの皆様と「A MAN of ULTRA」を育てていきたいと考えています。

(C) A MAN of ULTRA

■A MAN of ULTRA 公式サイト&オンラインストア : リンク
■A MAN of ULTRA 公式Facebook : リンク
■A MAN of ULTRA 公式Twitter : リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事