logo

APACMed、医療専門家と会員社企業の相互接触で倫理行動規範を採択

Asia Pacific Medical Technology Association 2015年12月11日 10時19分
From 共同通信PRワイヤー

APACMed、医療専門家と会員社企業の相互接触で倫理行動規範を採択

AsiaNet 62809 (1610)

【シンガポール2015年12月11日PR Newswire=共同通信JBN】Asia Pacific Medical Technology Association(アジア太平洋医療技術協会、APACMed)は11日、ヘルスケア・プロフェッショナルと相互接触する新しい「倫理行動規範」を承認したと発表した。APACMedは利害関係者間の革新的なコラボレーションの一環として、医療技術業界とヘルスケア・プロフェッショナル間の緊密なコラボレーションの推奨を目指す。これらコラボレーションは医療技術の進化を図り、会員社の製品とサービスの安全かつ効果的な利用を保証するため必須である。

APACMedはヘルスケア・プロフェッショナルと会員との相互接触が最高の倫理基準に対応し、ヘルスケア・プロフェッショナルの個々の意思決定を守り、患者のケアの完全性、治療、製品、サービスの選択に対応することを保証することにコミットしている。行動規範は、コンサルタントとの打ち合わせ、教育的会議、訓練と教育、研究支援金と慈善目的の寄付を含め、ヘルスケア・プロフェッショナルと会員の相互接触の重要な側面を規範として定めている。すべての企業会員社は、この規範で説明されている倫理上の原則を採用、順守するよう求められている。

APACMedのウラジーミル・マカツァリア会長は「普遍的な規範を採用する決定は、アジア太平洋全域の協調、常に進化するヘルスケア環境に適応する必要性が増していることから行われた。これはAPACMedにとって重要な出来事であり、ヘルスケアの将来を共に形成するため利害関係者と協力していることから、この業界にとってはっきりした声を上げる方向に一歩近づくものである」と語った。

この新しい規範は2016年1月1日からすべてのAPACMed 企業会員に有効となり、会員がアジア太平洋全域で活動する最低限の基準の確立に貢献する。

メディアの問い合わせはAPACMed Press OfficeのAPACMed@edelman.comを参照。

▽APACMedについて
Asia Pacific Medical Technology Association(アジア太平洋医療技術協会、APACMed)は、アジア太平洋の医療機器、生体外診断薬業界向けに明確な声を提供する。APACMedは2014年に創設され、患者に対するヘルスケア利用を促すイノベーションとインパクトある政策を進めるよう努力している。現在の会員社は医療技術の大手企業を含む。会員社の全リストはリンク を参照

APACMedの情報は以下のサイトでもフォローできる。
Twitter: リンク
Facebook: リンク
LinkedIn:リンク
Website: リンク

▽メディア問い合わせ先
Ashley Lau
Edelman Public Relations Singapore
Tel: +65-6494-1578
Email: ashley.lau@edelman.com

ソース:Asia Pacific Medical Technology Association

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事