logo

フランスのアートウォッチ AKTEO(アクテオ) ソウ・ツーとのパートナーシップのもと、日本で新たな展開

フランスのアートウォッチ AKTEO(アクテオ)は株式会社ソウ・ツーとのパートナーシップのもと、日本での新たな展開に合わせ、ブランドロゴおよびパッケージデザインを刷新します。この新たな展開を記念して在日フランス大使館にて、記者発表会およびバイヤーの方向けの製品発表会を開催しました。

AKTEOはジャン=クリストファ・マレシャルにより、1988年に時計製造の街、フランスのブザンソンで立ち上げられたアートウォッチ ブランドです。マレシャル氏によるアート感覚溢れるデザインは、熟練した職人の手を経て、アートとテクノロジーの融合した精巧な時計を生み出します。ユニークなデザインは、「芸術、人生、自然、職業、スポーツ、文明、時」の7つのメインテーマにそって展開されています。

このたび、AKTEOの日本正規代理店である株式会社A・Jコーポレーション(代表取締役 柳伸一郎)は、株式会社ソウ・ツー(代表取締役社長兼グループCEO武田宣)と資本業務提携を結び、ソウ・ツーとのパートナーシップのもと、AKTEO独自の世界観を日本でも広めていくことといたしました。今後、 T-SITE、蔦屋書店における展開も検討されています。

デザイナー ジャン・クリストファ・マレシャル
1959年フランス・ブザンソン生まれ。
ブザンソン市の国立時計学校卒業。
1986年に「長針・短針にハサミ」をデザインした時計が大ヒット。
その後、300種類のデザインモデルをリリース。

受賞歴等
最も優れたデザインの時計に贈られる「ゴールドダイヤグランプリ」や、「ニューヨークインターナショナル・ジュエリー・グランプリ」を受賞しました。また、AKTEOの時計は、パリ市近代美術館、ニューヨーク近代美術館、サンフランシスコ近代美術館で展示販売されています。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。