logo

人気旅行先で最もコスパが良いホテルはどこ?! 発表!ベストコスパ・ホテル・ランキング

AAE Japan株式会社 2015年12月10日 11時06分
From PR TIMES

2015年 年末年始の人気旅行先 台北、バンコク、オアフ島、ソウルで調査

世界最大の総合オンライン旅行会社エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパン(リンク)では、先日発表した年末年始の人気旅行先ランキングで上位に入った人気都市(台北・バンコク・オアフ島・ソウル)の、「ベストコスパ・ホテル・ランキング」を発表します。




人気旅行先ごとで最もコストパフォーマンスが高いホテルを発表!

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



年末年始の人気旅行先! 今年も人気はやっぱり、アジア&ハワイ!

[画像3: リンク ]

 今年も昨年に引き続き、アジアの国が半数以上を占める結果になり、アジアが安定の人気を誇る結果になりました。またアジア以外では、定番人気のオアフ島が人気を集めていることがわかります。

 今回は、人気旅行先の上位国である台北・バンコク・オアフ島・ソウルに焦点をあて、各国で宿泊するならどこのホテルが最もコストパーフォーマンスが良くおすすめなのかという「ベストコスパ・ホテル・ランキング」をエクスペディアから紹介します。

【台北】 1位はフィットネス施設完備のシンプル&スタイリッシュなホテル!

[画像4: リンク ]

 上位には、台湾の3大観光名所の1つである「中正記念堂」や台湾最古の博物館である「国立台湾博物館」の近くに位置するホテルが多くランクインしています。

 中でも1位の「CU ホテル 台北」は、平均価格が2,000円台という安さにも関わらず「寧夏夜市」にも近く深夜まで食べ歩きが出来るほか、24時間対応のフロントデスクやフィットネス施設まで完備されており、ホテル内でも快適に過ごせるサービスが充実しています。

 また、3位の「ザ ロフト ホテル」は、コンビニが近いなどの利便性はもちろんのこと、日本人のレビューに多かったのが「バスタブが深くてゆったりしている」という声でした。この傾向から、日本人がお風呂を重要項目として見ていることがわかります。

【バンコク】 1位は観光地へのアクセスが良い3つ星ゲストハウス!


[画像5: リンク ]

 全体的にランキング上位には、観光地や市場へアクセスの良いホテルが並んでいます。

 1位にランクインしたのは、カオサンに位置するゲストハウスです。「サランロム公園」や「グランドパレス」、バンコクで最も大きい寺院のひとつである「ワット・スタット」まで徒歩10分圏内という立地の良さが人気の理由となっています。また、ゲストハウスならではのアットホームな雰囲気やスタッフの暖かさも特徴の1つです。

 一方で、4位の「アイサノック レジデンス」は、駅から少し離れた住宅街に位置するため、静かに過ごすことができます。ホテル内には屋外プールが設備されており、屋上には日当たりの良いサンデッキもあるため、のんびりと過ごしたい人にはぴったりのホテルです。

【オアフ島】 1位はワイキキビーチ近くの好立地な初心者向けホテル!

[画像6: リンク ]

 アジアに比べて価格帯が上がるオアフ島のランキングですが、上位のホテルは全てワイキキ周辺にあり、多くのホテルがビーチまで歩ける場所に位置しています。

 1位の「オハナ ワイキキ イースト」は、クヒオ通りとカイウラニ通りの角に位置し、ビーチやショッピングセンターなどの観光場所に近く好立地なホテルです。また、トラベルデスクもあるためアクティビティのアレンジも可能となっており、ハワイ旅行初心者でも楽しく過ごせる環境となっています。

 また、コスパの良さを感じる点としてホテルサービスをあげる人も多く、2位の「バイブ ホテル ワイキキ」でのビーチセット(ビーチ用タオル、ボディボード、敷物)の無料貸し出しや、3位の「ショアライン ホテル ワイキキ ア ジョワ ドゥ ヴィーヴル ホテル」でのフリードリンクとフルーツのサービスは宿泊者から高評価を得ています。

【ソウル】 1位はキッチン完備のアパートホテル!

[画像7: リンク ]

 上位3位までのホテルを見てみると、コーヒーや朝食の無料サービスが付いており、高コスパな点が評価されています。また、旅行の醍醐味として現地の暮らしを体験できたり現地の人との交流があげられますが、ソウルでランクインしているホテルはまさにそのような体験を可能とさせてくれるホテルが多いようです。

 例えば、1位の「デリム レジデンス」は、部屋ごとに異なるインテリアの客室を持ち、自分で調理ができるキッチン付きのアパートホテルです。最寄りの地下鉄から徒歩5分のほか、周辺にデパートもあるためショッピングに適しており、現地の食材を買ってきて料理を楽しむことができます。
 ほかにも、2位の屋上庭園付きホテル「シオソ」では、ロビーにくつろげる共有スペースがあるため、スタッフの方や宿泊者の方たちと夜通し談笑しながら交流を図ることが出来ます。
 3位の「 D セブン スイーツ」の近くには、おばちゃん2人が切り盛りしている24時間営業のアットホームな食堂もあるため、お店の方に話しかけてみるのも面白いかもしれません。

【考察】 狙うべきは「低コスト」「高レビュー」な穴場ホテル

 年末年始の人気旅行先を元に「ベストコスパ・ホテル・ランキング」を調査した結果、世界的に有名なチェーンホテルではなく、地元に根付いたホテルが多くランクインする結果となりました。ホテルのブランド名だけではなく、ユーザーの評価にも耳を傾けることで、隠れた高コスパホテルとめぐり合えるかもしれません。

 とにかく安く旅行をおさえたい人や、リピーターであまりホテルにお金をかけたくない人は、ぜひ今度のご旅行の際には「ベストコスパ・ランキング」に掲載されているホテルをご参照ください。


エクスペディア概要

世界 31カ国で展開する世界最大の総合旅行サイト Expedia の日本語サイト、エクスペディア・ジャパン(www.expedia.co.jp) は、日本語による 詳細な紹介文や施設の動画などを参考に比較検討し、リアルタイムに日本円で予約・決済することが可能な旅行予約サイトです。 エクスペディア・ジャパンでは、単なるコンテンツの日本語化にとどまらず、日本人向けの独自のインターフェースデザインの採用や、JCB・Visa・Master・AMEX などの主要なクレジットカードによる決済、日本語による電話サポート(24 時間年中無休)など、日本の旅行者の皆様が安心して使える環境も整備しています。

Twitterアカウントとフェイスブックページでお得なホテルやツアー情報をタイムリーに発信しております。
■Twitter: リンク
■Facebook: リンク

※Expedia およびエクスペディアのロゴは、米国 Expedia, Inc. の米国およびその他の国における商標または登録商標です。その他の商品名、製品名、会社名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

【さらにお得な特典も!】業界初!世界のホテルによるVIP待遇プログラム「Expedia+」

エクスペディア独自のメンバープログラムで、「ポイントプログラム」と「ステータスプログラム」の2つの側面から「値段+αの付加価値」を提供します。

■ポイントプログラム:ポイントに応じて予約時に使用できるクーポン等を発行します。
■ステータスプログラム:ブルー、シルバー、ゴールドのランクに応じて様々なサービスが受けられます。
(例)+VIP Access 提携ホテル特典、会員限定のお得なプロモーション、予約でボーナスポイントを獲得 (+ゴールド は 30%、+シルバー は 10%)、優先カスタマーサービス、Expedia Local Expertコンシェルジュ限定の特典
■+VIP Access 提携ホテル:
Expedia+ 会員に厳選した特典を提供するホテルです。ポイント面でのメリットだけではなく、朝食、ワインやスパが無料になったり、客室がアップグレードされたりと、VIP待遇を受けられます。
【参考】業界初!世界のホテルによる+VIPサービス

エクスぺディアを含む日本の大手旅行代理店の殆どがポイントサービスを提供しています。その中で、ステータスプログラムとして、ステータスごとにポイント還元率やポイントでの自社負担の優遇が分かれているのは3社。さらに深堀りし、自社負担のポイントサービスだけでなく、世界中のホテルと共同でVIPサービスを提供しているのは、エクスぺディアのみという事がわかります。
[画像8: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。