logo

オフィスの「あるある」をコミカルかつシニカルなマンガで紹介『OTUBO(お局)』、App Storeで配信開始

~ファッション雑誌編集部を舞台とする主人公“葉月詩織”を取り巻くお局様のあるあるネタをオシャレな4コマ漫画のイラストで配信~

 ITコンサルティング、スマートフォン向けアプリケーション開発のデフィデ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:山本 哲也)は、スマートフォン向けエンタテイメントアプリ『OTUBO(お局)』iOS版を、2015年12月10日(木)よりApp Store上で配信開始いたしました。



[画像1: リンク ]


 『OTUBO(お局)』は、ファッション雑誌編集部を舞台とした人間関係をあるあるネタに展開し、おもしろ、おかしく紹介するエンタテインメントアプリです。ストーリーの設定は、新人編集スタッフの主人公“葉月詩織(はづきしおり)”が、子供の頃から憧れであったファッション業界に就職し、ファッションショーをプロデュースすることを目指し奮闘するもので、そこで繰り広げられる先輩(お局)達からのいじめや嫌がらせのシーンをあるあるネタとして起承転結、もしくは起承承結の数コマのマンガで展開します。登場するキャラクター設定からシチュエーション、洋服のタッチまでディテールにこだわるおしゃれなイラストが特徴です。

[動画: リンク ]


 コンテンツは、一つのテーマに対して5本のシーンから構成されるあるあるネタを4コママンガ化して配信します。一つのテーマを読み終わると次のテーマが連続的に配信されていき、今回のシーズン1では、12のテーマからなるドラマをワンクールとして配信します。登場キャラクターに関しては、人物相関図で主人公“葉月詩織”との関係性やキャラクター紹介などドラマ仕立ての背景設定が土台となっています。また、デザイン構成もファッション雑誌風のテーストで表現されており女性ユーザーをコアターゲットとして訴求していきます。

加えて、ユーザーからのお局に関するあるあるネタの投稿や各シーンでの共感タップやメッセージの共有など利用ユーザーの体験共有や共感度の見える化を図っています。共感に関しては特徴的な3Dキャラクター「わかるぅ君」が各シーンの結論部分のシーンに登場します。ユーザーがタップすることで共感を表す「わかるぅ魂」を吹き出し、ユーザーから共感を得ることが出来るようになっています。さらに、メッセージ数や共感数に応じて、各シーンのランキング表示、ユーザーからのメッセージ紹介一覧、コンテンツのバックナンバーなど雑誌風テーストとスマートフォン向けアプリケーションの機能を併せ持つものとなっています。

[画像2: リンク ]


 想定する利用ユーザーは、ファッションやおしゃれ、流行に敏感な10代後半から30代までの女性をコアターゲットとしていますが、男性ユーザーにおいても、多くが共感できるストーリーで構成されているので広い年齢層のユーザーに利用いただけるものとなっています。
 オフィスで見られるあるあるネタを配信する「OTUBO(お局)」は完全無料でApp Storeからご利用いただけます。

[画像3: リンク ]

<アプリの概要 >
◆アプリ名   :OTUBO(お局)
◆ジャンル   :エンタテイメント
◆料金     :無料
◆推奨OSバージョン:動作環境:iOS7.0以上/推奨端末:iPhone5以上
※推奨OSバージョン以外での動作保証等は致しかねますので何卒ご了承ください。
◆App Store URL
リンク
◆紹介ページURL
リンク
◆YouTube URL
リンク

【デフィデ株式会社について】
デザインとシステムの融合による洗練されたコミュニケーションシステム構築を目指し、マーケティング分析、ネットビジネス戦略立案、アプリケーション開発、UXデザイン等、ICTビジネスの包括的なプロフェッショナル・サービスを提供しています。
リンク

【本プレスリリースについてのお問い合わせ先】
デフィデ株式会社
営業企画部 中村 明香
TEL:03-5778-3174 FAX:03-5778-1233
Email:SalesRep@defide-ix.com
URL:リンク
Facebookページ URL:リンク
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-51-8-9F ラ・ポルト青山

「OTUBO(お局)」は、デフィデ株式会社が登録申請中の商標です。
Apple, iOS, iPhoneは、Apple Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。
[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事