logo

「キリン のどごし オールライト」が年間販売目標を上回る500万ケース※1を突破※2

キリン株式会社 2015年12月10日 10時22分
From Digital PR Platform


キリンビール株式会社(社長 布施孝之)が、今年1月に発売した「プリン体0×糖質0×カロリーオフ」※3の世界初※4の機能性を持ち合わせた「キリン のどごし オールライト」の販売数量が、年間販売予定数の470万ケースを上回る500万ケースを突破しました。
※1 大びん換算
※2 2015年11月末時点
※3 100ml当たりプリン体0.5mg未満のものをプリン体0と表示
100ml当たり糖質0.5g未満のものに表示可能(栄養表示基準による)
100ml当たり20kcal以下のものに表示可能(栄養表示基準による)
※4 アルコール入りビールテイスト飲料において世界で初めて糖質0・プリン体0・カロリーオフを実現した商品(当社調べ)

近年の健康志向の高まりにより、ビール類における機能系商品市場の拡大傾向が続いています。「キリン のどごし オールライト」は、当社が長年培ってきた技術の知見を活かし開発に至った、クセのない爽快な味わいと、軽快で体に負担の少ない機能を併せ持つ商品です。当社が実施した調査によると当商品は、従来の機能系商品の主な飲用層であったシニア層に加え、若年女性のお客様にも支持されていることが分かりました。「飲みやすい」「気軽に飲める」「のどごしが良い」などのお声をいただくなど、好評いただいています。

また、「のどごし」ブランド計は、1-11月累計の販売数量が対前年約1割増となるなど、好調に推移しています。こうした好調な販売状況を受け、12月は昨年販売実績に対して約1割増産し、年末の需要に備えます。

当社は、今後も「のどごし」ブランドの強化と機能系商品市場のさらなる活性化を目指します。





1.商品名 「キリン のどごし オールライト」
2.発売地域           全国 
3.発売日 2015年1月27日(火)
4.容量/容器         350ml缶、500ml缶
5.価格            オープン価格
6.アルコール分        2.5%以上~3.5%未満
7.酒税法上の区分 リキュール(発泡性)(1)
8.販売予定数        約470万ケース(60,000KL)※大びん換算
9.製造工場            キリンビール名古屋工場、岡山工場 
 


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事