logo

ディメンションデータのManaged Cloud Platformの活用で運用コストを削減するプロジェクトをNTTデータが開始

JCN 2015年12月09日 16時30分
From JCN Newswire


TOKYO, Dec 9, 2015 - ( JCN Newswire ) - 株式会社ディメンションデータジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:ハーバート・ボッカーズ、以下ディメンションデータ)が提供する「Managed Cloud Platform(以下、MCP)」を、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下NTTデータ)へ提供しNTTデータ社内のプライベートクラウドで保管している業務データのバックアップシステムの一部をMCPに移行することで、同システムの運用コストを削減するプロジェクトを開始いたしました。

MCPは、米国のデータセンター評価コンソーシアムであるThe Uptime Instituteの認定を受けており、データセンターのセキュリティ対策・ファシリティ環境・災害対策等、あらゆる面においてお客様のクラウドに対する懸念を解消済です。

また一般的なパブリッククラウドサービスが一般消費者向けの安価なハードウェア部材を中心に構成されたサービスであるのに対して、MCPは、Cisco社およびEMC社の技術・製品を中心に構成されたエンタープライズグレードであるという点、及び機密データ(個人情報等)を扱う関係上、システム監査実施が必要不可欠となっており、それらシステム監査における柔軟な対応が可能であるという点が、本プロジェクトでの主な採用理由になっています。

本プロジェクトのNTTデータ ITマネジメント室のシステム開発担当者はこう述べています。「本プロジェクトを皮切りに他の社内ITサービスの外部クラウド利用を計画しています。NTTグループのマネージドICTサービスプロバイダとして、ITアウトソーシング・コンサルテーションサービスを提供するディメンションデータと共同でデータ社内情報システムの運用改善/効率化だけにとどまらず、ハイブリッドクラウド化のモデルケースとなるような取り組みとしていきたい。」

昨今、多くの企業にとってクラウド環境利用は最優先のICT検討事項になっていますが、パブリッククラウドの利用にあたっては、セキュリティ対策等、企業にとっての障壁が未だに多く存在しています。特に、金融業・官公庁から一般企業まで幅広い業種・業態のお客様にICTサービスビジネスを展開している同社にとって、格納データの信頼性保証はクラウド環境利用後も継続実現しなければならない命題となっています。

このプロジェクトにより、更なる運用作業の軽減およびコスト削減を目指すとともに、両社の強みを活かしたソリューションの確立を検討していきます。

企業ロゴ
リンク

ディメンションデータMCPについて

ディメンションデータMCPは、サーバ、複数スペックのストレージ、ネットワークインフラおよび仮想化技術、オペレーティングシステムならびにディメンションデータクラウドコントロール(TM)から構成されています。また、クラウドコントロールは、アプリケーションライフサイクルマネジメントとお客様ご自身によるクラウド環境の管理を自動化します。

アジアをはじめ世界各国に約20ヶ所のクラウド拠点があり、リソース(CPU、メモリ、ストレージ)を時間単位で利用可能な従量課金プランで、エンタープライズグレードのセキュリティと堅牢なアーキテクチャによる高いSLA(99.999%)の提供し、APIを通じたクラウド制御により柔軟なインテグレーションが可能です。
URL: リンク

ディメンションデータについて

1983年に設立されたディメンションデータは、長年に渡り培われた技術的ノウハウ、グローバルなサービスデリバリー力および起業家精神により、お客様のビジネスの発展をお手伝いするNTTグループのICTサービス・ソリューションプロバイダーです。

アジア太平洋地域においては、13か国に渡り50の事業所を運営しています。ITアウトソース、IT-as-a-Service(クラウド)、システムインテグレーションならびにトレーニングの各サービスにおける高いスキルで、ネットワーク、セキュリティ、通信、データセンター、エンドユーザコンピューティングの各領域を融合することで、お客様にとって最適なテクノロジーの有効活用、お客様のITインフラの運用管理およびお客様にとって価値のあるテクノロジーソリューションへの移行を支援いたします。 www.dimensiondata.com

本件に関するお問い合わせ先
株式会社ディメンションデータジャパン
クラウドビジネス本部
佐藤 由美子
TEL: 03-6746-2920
E-mail: cloud-info.jp@dimensiondata.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事