logo

Beats by Dr. Dre | PIGALLE  Studioワイヤレス オーバーイヤーヘッドフォンを発売

アップルジャパン合同会社 2015年12月09日 18時18分
From 共同通信PRワイヤー

2015年12月09日

Beats by Dr. Dre

Beats by Dr. Dre | PIGALLE
Studioワイヤレス オーバーイヤーヘッドフォンを発売
(特製キャリングケース付き)

Beats by Dr. DreはPIGALLE(ピガール)とコラボレーションし、限定版の「Beats by Dr. Dre | PIGALLE Studioワイヤレス オーバーイヤーヘッドフォン リンク」を発売します。

このヘッドフォンのデザインは、PIGALLEの創設者ステファン・アシュプールの故郷である、パリへの愛にインスパイアされています。光沢のある黒を背景にちりばめられたスマートな白のマークは、時の移ろいと、ステファンが思いを寄せる街並みの変容を表現しています。

Beats by Dr. DreとPIGALLEは、優れたサウンドと洗練されたデザインを融合させ、次世代の新たなスタイルを打ち出しました。「Beats by Dr. Dre | PIGALLE Studioワイヤレス オーバーイヤーヘッドフォン」は、2015年12月11日から、世界中から厳選された販売店にて数量限定で発売されます。

詳細につきましては、ウェブサイトをご参照下さい: リンク
ハッシュタグ:#BEATSPIGALLE

■Beats by Dr. Dre | PIGALLE Studioワイヤレス オーバーイヤーヘッドフォン リンク
発売日:2015年12月11日
販売地域:アメリカ、日本、フランス、ロシア
<日本では下記店舗にて販売します>
12月11日 先行発売:DOVER STREET MARKET GINZA
12月12日発売:PIGALLE TOKYO, UNITED ARROWS & SONS
希望小売価格:54,800円(税別)


■Beats by Dr. Dre | PIGALLE Studioワイヤレス オーバーイヤーヘッドフォンの特長
(1)操作性
通話、選曲、ボリューム調整はヘッドフォンで直接操作可能

(2)アダプティブノイズキャンセリング機能(ANC)
音楽を聴いているときは、オーディオと外界のバランスを自動的に調整
また、ANC専用モードを選択するとノイズキャンセリングのレベルが自動的に上がり、一層の静寂を確保

(3)Bluetooth対応
半径9.1m以内のBluetoothデバイスと接続できるBluetooth機能を搭載

(4)リチャージブルバッテリ
ワイヤレスの場合は最大12時間、オーディオディバイスに有線にてつないだ場合は最大20時間の再生が可能

(5)その他製品スペック
重量:260g
高さ:203mm
付属ケーブル長:1.3m
ケーブル端子:3.5mm ミニヘッドフォンジャック
フォームファクター:オーバーイヤー型
周波数レスポンス:20Hz-20kHz

(6)製品付属品
本体
オーディオケーブル
マイク&リモコン付きケーブル
特製キャリングケース
USB 2.0 ケーブル (USB-A to USB Micro-B)
USB 電源アダプタ

※製品画像をご要望の方は下記よりダウンロード下さい
 リンク

■Beats by Dr. Dreについて
Beats by Dr. Dre(Beats)は、Dr. DreとJimmy Iovine(ジミー・アイオヴァイン)によって2006年に設立された、世界をリードするオーディオ・ブランドです。高品質なヘッドフォン、イヤフォン、スピーカーなどのデバイスを通して、次世代のエンターテインメント性ある音楽をお届けしています。今後ともBeatsは、レコーディングスタジオで聴いているかのような、エネルギッシュで心揺さぶるサウンドを、世界中の音楽ファンの皆様にご提供できるよう努めてまいります。
Beatsは、2014年7月にAppleファミリーの一員となりました。


■PIGALLEについて
ディレクターのステファン・アシュプールは、生まれ育ったパリを拠点に活動するブランドPIGALLE、そしてクリエイティブ集団パン・オ・ショコラの創設者の一人です。パリの繁華街に位置し、歴史、文化、音楽、建築といった様々なインスピレーションが生まれる場所ピガール地区で活動するステファンは、2014年にはPigalle Basketball Clubを設立し、地元の子供達へ自らコーチとして指導も行っています。パリのグラフィックチーム、ILL STUDIOとのコラボレーションによるプリントやグラフィックはクルーが育った街を反映したものとなっています。

■製品に関するお客さまからのお問い合わせ先
Apple Japan
電話: 0120-993-993



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事