logo

2016年に注目すべきアプリの10大トレンド予測

App Annie 2015年12月09日 11時00分
From PR TIMES

tvOSからウェアラブル、Google Now on Tapまで、 Webを侵食し続けるアプリ市場の注目トレンドを紹介



[画像1: リンク ]



App Annie(アップアニー、本社:米・サンフランシスコ、代表:Bertrand Schmitt)は、2016年に注目すべきアプリの10大トレンドを分析したレポート、「2016年アプリトレンド予測:tvOSからGoogle Now on Tapまで、アプリがウェブを浸食」を発表しました。
アプリ市場全体がイノベーションにより絶えず変化する中、2015年には予期された通りの出来事に加え、予想外の展開もありました。サブスクリプションやアプリ内広告の増加などに見られるマネタイズの進化、新しいデバイス規格とプラットフォームの登場、それによる開発者およびパブリッシャーのリソースをめぐる競争の激化、そして優れたユーザー体験を提供できるアプリはウェブ上でのユーザーの消費時間や消費金額を浸食しています。
2016年は、tvOSとGoogle Now on Tapが、アプリエコシステムの形成に主要な役割を担うと予想されます。加えて、ウェアラブル、eスポーツ、メッセージング、仕事効率化アプリなどさまざまな分野でイノベーションが進むと見込まれています。このレポートではそれらの分野を含む2016年の10大アプリトレンドを紹介します。

レポート全文(無料)をお読みになりたい方は、下記よりご確認ください。
リンク


[画像2: リンク ]



このレポートで紹介されている2016年のアプリ10大トレンドの概要は以下になります。


Google Now on Tap:ディープリンクでアプリの発見が容易に
eスポーツ:ゲームパブリッシャーにとって新たな収益ストリームに
メッセージング:文化的要因による分断が続く
O2Oサービス:アジアに整理統合の波
仕事効率化アプリ:新しい入力方法がアプリのイノベーションに拍車をかける
金融サービス:変革を迫られるリテールバンク
tvOS:スマートフォンのセカンドスクリーン化が加速
YouTube Red:インディーコンテンツの拡大
ウェアラブル:特化型および企業向けの用途へ
拡張現実(AR)と仮想現実(VR):強力なコンテンツプレイヤーが導入を開始、2016年にはさらに加熱



[画像3: リンク ]



[画像4: リンク ]


【App Annieについて】
App Annie (アップアニー) は、世界規模のアプリの市場データと分析ツールを提供しており、アプリビジネスにおいて迅速かつ確かな意思決定を支える世界No.1の情報プラットフォームです。自社アプリの競合優位性を詳細に把握するための分析ツールと、世界中のあらゆるアプリのビジネスを様々な角度から深く洞察するための市場データを提供しております。App Annieの製品は、アプリストアランキングのトップ100のパブリッシャーのうち94%以上、計50万以上のアプリに利用されております。またElectronic Arts、Google、LinkedIn、LINE、Microsoft、Nexon、Nestle、Samsung、Tencent、Bandai Namco、Universal Studios等の著名なパブリッシャーが有料の『Intelligence』製品を利用しています。累積830億件以上のアプリダウンロードおよび、250億米ドル以上のアプリ収益をトラッキングしています。米・サンフランシスコに本社を置き、400名以上の従業員を擁する非上場企業で、アムステルダム、北京、香港、ロンドン、モスクワ、ニューヨーク、ソウル、上海、東京、シンガポール、カナダ等の世界15都市に拠点を構えています。現在までにグレイクロフト・パートナーズ、IDGキャピタル・パートナーズ、Institutional Venture Partners、eVentures、セコイア・キャピタル、Infinity Venture Partners等の世界中のベンチャーキャピタルから9,400万米ドルの資金調達を実施しました。

   App Annie 会社ホームページ: www.appannie.com
   App Annie Twitter アカウント: @AppAnnieJapan
   App Annie Facebook アカウント:AppAnnie(アップアニー)


プレスリリースについてのお問い合わせ先 広報担当:五百旗頭(イオキベ)
   電話番号:080-3750-4341
   e-mail:miokibe@appannie.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事