logo

「Cyber Cleaner LE」の販売開始! リアルタイムで標的型攻撃やDDoS攻撃をブロックする新製品【大塚商会】

大塚商会専用モデル「Cyber Cleaner LE」

株式会社大塚商会は、2015年12月よりセキュリティアプライアンス製品「Cyber Cleaner LE」の販売を開始します。
( リンク )

「Cyber Cleaner LE」は、ルーターやファイアウォールの外側に置いて、リアルタイムに標的型攻撃やDDoS攻撃等をブロックし情報漏えいを防ぎます。導入が簡単で、運用の手間も掛からず管理を行うことができます。



「Cyber Cleaner LE」は、入口対策としてインターネットからのDDoSなどの攻撃パケットを検知し、遮断します。また、出口対策として内部からインターネットへの不正な通信をふるまい検知し、遮断します。

【Cyber Cleaner LEの利用シーン】

[画像1: リンク ]


【Cyber Cleaner LEの特長】
◆標的型攻撃での情報流出対策に効果を発揮します
日本国内で受けている攻撃をリアルタイムに収集し、セキュリティフィルターに適宜反映しています。インターネット上の不正サーバー(C&Cサーバー)への通信を防ぐことができます。

◆社内への有害な通信はファイアウォールの手前でブロックします
インターネットからの攻撃をファイアウォールの手前でブロックします。そのため、「Cyber Cleaner LE」を通過した通信はクリーンな状態となります。不正通信による回線帯域の低下を抑え、またファイアウォールへの攻撃も防御します。

◆海外との通信を制限できます
取り引きのない海外との通信を制限し不正サイトへの誘導などリスクを軽減することができができます。

【構成図】
[画像2: リンク ]


製品の詳細はこちら
リンク

【お問い合わせ先】
 株式会社大塚商会 共通基盤総合NWプロモーション部ネットワークプロモーション1課
 電話:03-3514-7563 メール:nwp1-info@otsuka-shokai.co.jp


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事