logo

ソフトウェアで簡単に同期!手軽にできる!ビジネスパソコンのディザスタリカバリー対策「HD革命/DISK Mirror Corporate Edition 2」Windows10に対応

株式会社 アーク情報システム(本社 東京都千代田区、代表取締役社長 碇 邦一)は、ウィンドウズパソコンのシステムやデータをソフトウェアで手軽に同期(ミラーリング、もしくは定期的なコピーを実行)させて、トラブルからの復旧を図るディザスタリカバリー対策にも有効な企業向けユーティリティソフトウェア「HD革命/DISK Mirror Corporate Edition 2」をWindows10対応とする無償のアップデータ(ダウンロード)提供を12月8日(火)より開始します。

一般の方向け情報サイト
リンク
ビジネス向け情報サイト
リンク

ディザスタリカバリー対策は、いうまでもなく企業における事業継続計画(BCP)の中でも最も重要な課題のひとつと言えます。「HD革命/DISK Mirror」は、同期先のハードディスクを用意することで、ディスクを二重化し、大切なデータや主ディスクの復元、あるいは待機(スタンバイ)用ディスクからの最短時間での起動など、障害から最小限の損失コストでのビジネス再開を目的としたソフトウェアです。今回は、ユーザーへ無償のアップデータ(ダウンロード)提供を行うことで、普及の進むWindows10に対応します。

製品を新規で購入する場合、企業向けのライセンス販売(VLA版)をオープン価格、個人事業主の方向けに1ライセンスで購入できるダウンロード版を8,400円 + 消費税にて、当社直販サイトならびに提携先より販売中です。

<主な特長>

「HD革命/DISK Mirror」は、同期先のハードディスクを用意することで、ハードディスク内のデータを別のストレージへリアルタイム、あるいは定期的に同期させるソフトウェアです。手軽にRAID環境が構築できるとともに、障害からの復旧を最小限の損失で抑えることを目的としています。利用者に意識させない設定が可能な管理者のオプションなど、企業ユースに特化したものが、コーポレートエディションになります。

RPOやRTO(※)など企業の方針に応じた運用ができるよう、
3つの同期モードが選択可能となりました!
●ミラーリングモード→データロスを最小限に抑え(RPO重視)、
 主ディスクを復旧
●スタンバイモード→待機(スタンバイ)用ディスクへ切り替えて起動/
 ダウンタイムの短縮(RTO優先)
●カスタムモード→ドライブ(データ)の性質に応じて同期する範囲を指定
(※)RPO:Recovery Point Objective、目標復旧時点
   RTO:Recovery Time Objective、目標復旧時間

<製品概要>

●製品名
HD革命/DISK Mirror Corporate Edition 2 VLA版
価格:オープン価格 
HD革命/DISK Mirror Corporate Edition 2 ダウンロード版
価格:8,400円 + 消費税
●動作環境:
対応OS:Windows 10/8.1/8、7、Vista
    ※Windows10はアップデータにて対応
コンピュータ本体:上記OSが動作可能なコンピュータ(PC/AT互換機のみ)
メモリー:512MB以上(ビデオメモリーと兼用の場合は1GB以上)
CDドライブ:CD-ROMを読み込めるドライブ
ハードディスク:ドライブの同期を行うためのハードディスク
●製品ジャンル:Windowsシステム・データ ミラーリングソフト
●開発・販売:株式会社アーク情報システム

以 上

※詳細は当社サイトを参照ください(一般向け)
リンク

■本件に関する報道関係の方の問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社アーク情報システム
URL: リンク
TEL:03-3234-9237 FAX:03-3234-9252
〒102-0076 東京都千代田区五番町4-2 東プレビル
資料は リンク
よりダウンロードできます。

■本製品に関する「一般の方の問い合わせ先」は以下のとおりです。
株式会社アーク情報システム サポート係
TEL:03-3234-9251 FAX:03-3234-9252
サポートお問い合わせフォーム
リンク

■ニュース配信に関する問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社ピーアンドピービューロゥ PR事業部
担当:山 下 E-mail pp-yama@x.age.ne.jp
TEL:03-3261-8981 FAX:03-3261-8983
東京都千代田区麹町2-12 CTS麹町ビル2F


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事