logo

人型ロボット「Pepper」向けJOYSOUNDの「介護予防プログラム」アプリPepper Innovation Challenge 2015にて『ベストヘルスケアビジネス賞』受賞



株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区 代表取締役社長:吉田篤司)は、ソフトバンクロボティクス株式会社が主催する「Pepper Innovation Challenge 2015」において「介護施設向けJOYSOUNDペッパーアプリ」を出展、11月28日(土)にベルサール渋谷ガーデンで行われた決勝大会に進出し、『ベストヘルスケアビジネス賞』を受賞しました。

このたび受賞した「介護施設向けJOYSOUNDペッパーアプリ」には、「介護予防プログラム」として当社が展開する高齢者向け音楽療養コンテンツ「健康王国」を活用しております。「Pepper」の動きに合わせて楽しむことができるカラオケや体操、懐かしのニュース映像やクイズなど、介護の現場でご活用頂けるコンテンツを豊富に搭載。楽しく歌いながらリズムに合わせて手拍子をいれるなど、運動支援・機能改善トレーニングを目的とした様々なプログラムをご用意。介護施設にて「Pepper」を用いたレクリエーションを実施することで、現場の課題となっている「人材」、「コンテンツ」の不足を解消し、利用者の運動ならびに改善・維持トレーニングを目指します。

なお、本アプリは、ソフトバンクロボティクス株式会社が受託した「平成27年度未病産業の創出に係るモデル事業」における実証事業にも採用されており、来年1月以降に実施される実証実験において、「未病」予防に有効であるか、介護施設における人手不足を減少できるかなどを検証します。

当社は、人型ロボット「Pepper」を新たなプラットフォームとして、今後益々進む高齢化社会に向けて、介護業界における自社コンテンツの活用を積極的に進めて参ります。

▽高齢者向け音楽療養コンテンツ「健康王国」 紹介ページ:リンク

▽イメージ動画
[動画: リンク ]



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]






   介護施設におけるレクリエーションのイメージ                受賞時の様子

※「Pepper」または「ペッパー」はソフトバンクの商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事