logo

角川キャラクター小説マガジン「小説屋sari-sari」最新12月号、配信スタート! 「文豪ストレイドッグス 外伝 綾辻行人VS.京極夏彦」が、クライマックス突入!!





角川キャラクター小説マガジン「小説屋sari-sari」(KADOKAWA/角川書店)、最新号12月号が配信スタート! 原作者自ら小説で書き下ろす「文豪ストレイドッグス外伝」がいよいよクライマックス。
異能が発動したエージェント・辻村深月の力に秘められた過去と、綾辻行人との因縁とは――!?
そして、「僕僕先生」の仁木英之、「エウレカの確立」の新作も登場!
[画像1: リンク ]

★12月号注目のラインナップ

○クライマックス突入
「文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人vs.京極夏彦」
朝霧カフカ イラスト/春河35
エージェント・辻村深月の真実が明らかに!?

○人気シリーズ、新章スタート!
「黄泉坂案内人 三条目」/仁木英之
涙と笑いの魂救済お仕事ストーリー。

○注目の新鋭が放つ、リーガルミステリ
「法定外弁護士・相原圭」/石川智健
今宵、おいしいお酒をたしなみながら、法律相談賜ります。

他執筆陣
青柳碧人/小路幸也/結城光流/藤木稟/青木俊直
[画像2: リンク ]



「小説屋sari-sari」は、面白い小説はもちろん、メディアミックス情報、作家情報などを毎号掲載。
本好きの方にはより楽しい読書ライフを、そうでない方には、楽しくて面白い小説の世界ご紹介。今後の「小説屋sari-sari」のにご注目ください。

★「小説屋sari-sari」って?
「sari-sari」とはタガログ語で「何でもあり」という意味。その名のとおり、様々なタイプの小説作品を、主に20代~40代の女性に向けて紹介するKADOKAWAの電子文芸誌です。


★「キャラクター小説」って?
出版不況と言われている中で今活況を呈しているのがキャラクター小説。魅力的なキャラクターたちのやり取りや成長がメインに物語が描かれ、読みやすい筆致と描写が人気です。主に文庫で刊行され、ミステリ、恋愛、ホラーなどその世界観は多岐にわたります。
様々な文庫レーベルが立ち上がり、今もっとも熱いジャンルです。


「小説屋sari-sari」
毎月7日~配信
価格:100円+税(希望小売価格)
BOOK☆WALKERをはじめ、主要電子書店でお求めいただけます.

(リンク)
BOOK☆WALKER リンク
KADOKAWA リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。