logo

2016年にJNA賞のカテゴリーを変更

JNA 2015年12月03日 11時37分
From 共同通信PRワイヤー

2016年にJNA賞のカテゴリーを変更

AsiaNet 62725(1567)

【香港2015年12月3日PR Newswire=共同通信JBN】革新的で業績優秀な個人、企業を認定するジュエリー・宝石業界のプレミア・プラットフォーム、JNA賞は5周年を迎えるにあたり、賞カテゴリーの変更を発表した。

マルチメディアリリース全体は以下を参照。
リンク

イベントの主催者、JNA(ジュエリー・ニュース・アジア)はいくつかの賞カテゴリーを調整し、広域からの参加者増大を奨励、同時に、同様基準とみなされる一部カテゴリーを統合する。JNA賞は2016年、受賞者が主催者に選定されるLifetime Achievement Awardを含め11カテゴリーになる。

これらのリストのうち、Manufacturer of the Yearの2つのカテゴリーは拡大され、製造部門の幅広い関係者の関与を奨励する。Outstanding Enterprise of the Yearのカテゴリー範囲も拡大され、ASEAN以外の地域および中国本土の企業参加も促すことになった。

JNA創設者、UBM Asiaジュエリー・グループの事業開発ディレクター、さらにJNA賞審査パネルのチェアを務めるレティシア・チャウ氏は「われわれは主催者として毎年、イベントを改善してより優れたエントリーを引きつけるよう自分たちに挑戦する。業界の声にも耳を傾け、彼らのフィードバックに応えている。審査基準が似ている2、3のカテゴリーは統合され、これらのカテゴリーの競争をより厳しいものにする」と語った。

チャウ氏は「また、われわれはOutstanding Enterprise of the Yearのカテゴリーを拡大し、韓国と中国本土の企業も含める。このため、韓国、香港、台湾の企業はこのカテゴリーにエントリーするチャンスができる。われわれは来年、高い技術を持つ個人と企業の参加が増えることを歓迎したい」と付け加えた。

2012年の開始以来、JNA賞は業界関係者の業績を促進して業界基準を引き上げ、ベスト・ビジネス・プラクティスを発展させることに尽力してきた。

2016年のJNA賞はリオ・ティント・ダイヤモンド(Rio Tinto Diamonds)、周大福(Chow Tai Fook)が主要パートナーになり、Diarough Group、Israel Diamond Institute Group of Companies、上海ダイヤモンド取引所(SDE)、Guangdong Land Holdings Limited(GDLAND)が後援する。

審査基準については追って発表される。オンライン登録は2016年初めになる。エントリー受付期間は2016年3月から4月まで。

賞カテゴリーの全容は以下の通り。
リンク


▽問い合わせ先
JNA Awards Marketing
UBM Asia (Hong Kong)
+852-2516-2184
marketing@jnaawards.com

ソース:JNA

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事