logo

あのアクロニスの5,000本限定USBメモリ版「Acronis(R) True Image Personal USBメモリ版」 2015年12月11日(金)新発売



 ソースネクスト株式会社(本社:東京都港区虎ノ門3-8-21 虎ノ門33 森ビル6F 代表取締役社長:松田憲幸)は、12月11日(金)に、バックアップソフト「Acronis(R) True Image Personal USBメモリ版」(税抜 3,480円)を5,000本限定で発売します。本製品は、Windows 10に対応した、システムおよびファイルのバックアップができるソフトで、米国のAcronis社True Imageの機能限定低価格版です。USBメモリでプログラムを提供することで、ブータブルメディアとしても使用することができます。

[画像1: リンク ]



< 特長 >
・限定5,000本 USBメモリ版
・実績のあるAcronis(R)社製品
・Windows 10対応


【 USBメモリ版について】
付属のUSBメモリはプログラムのインストールに使用した後、ブータブルメディア用として使うこともできます。ブータブルメディアを作成しておくと、OSが壊れてしまった場合にも復元できます。

【 「Acronis(R) True Image Personal」の特長 】
「Acronis(R) True Image Personal」はAcronis(R)社の定番バックアップソフト「True Image」シリーズの低価格版です。 使い勝手の良さはそのままに、一般ユーザーが必要とする機能を厳選し、低価格での提供を実現した製品です。
[画像2: リンク ]



■簡単3ステップでバックアップ

バックアップソフトを初めて使う人でも、3ステップで簡単にバックアップできます。
[画像3: リンク ]



■ファイルやフォルダだけのバックアップもできる
例えばマイドキュメントなど特定のフォルダやファイルだけを選んでバックアップすることもできます 。 週に1度、定期的に自動でバックアップするよう設定することもできます。

■様々なメディアにバックアップできる
バックアップ先は外付けハードディスクはもちろん、CD/DVD、USBメモリ等に指定できます。
[画像4: リンク ]

■ネットワークドライブへのバックアップもできる
同一ネットワークに接続されている他のハードディスクドライブにもバックアップできます。

■復元しなくても、必要なファイルだけ取り出せる
バックアップしたイメージファイルを、仮想的なハードディスクドライブにできます(マウント)。これによりすべてのファイルを復元することなく、バックアップしたファイルの中身を確認して、必要なファイルのみを取り出すことができます。

■製品比較
Acronis(R)社で販売されているフル機能版との比較。
[画像5: リンク ]



【 「アクロニス社」について 】

[画像6: リンク ]

アクロニス社はバックアップソリューションで10年以上の実績のある老舗メーカーです。
・世界145ヶ国で販売
・個人のユーザー数500万人以上
・法人導入実績50万社以上
・Vectorや海外のレビューサイトなど、数々の受賞歴
[画像7: リンク ]



【製品概要】
■製品名:「Acronis(R) True Image Personal USBメモリ版」
■価格:税別3,480円
■発売日:2015年12月11日(金)
■製品内容:バックアップソフト
■開発:Acronis International GmbH
■販売:ソースネクスト株式会社
■製品情報:リンク

【動作環境】
■対応OS:Windows 7、8、8.1、10
■CPU:1GHz以上のPentiumプロセッサ
■インストール容量:約150 MB
■ハードディスク空き容量:1.5GBのハードディスク空き領域
■推奨メモリ容量:1GB以上

【コピーライト表記について】
■製品の画面掲載などのコピーライト表記は、下記の通りお願いいたします。
Acronis(R)および Acronis のロゴは米国およびその他の国々における Acronis International GmbH またはその関連会社の登録商標または商標です。
(C) 2002-2015 Acronis International GmbH. All rights reserved.

【お客様お問い合わせ先】
■ソースネクスト・カスタマー・サポートセンター
ご購入前相談ダイヤル:0570-035-333 (IP電話からは 082-553-1081)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。