logo

【飲食店の仕込み時間をノマドワーカーへ!】イデア・レコード×スペイシーが遊休スペースを収益化するスペースイノベーションサービスを開始!

株式会社イデア・レコード 2015年12月01日 15時00分
From ValuePress!

飲食店を中心とした店舗型ビジネスにおけるWEBソリューションサービスを展開する、株式会社イデア・レコードは、国内最大級のスペースマッチングサービスを展開する株式会社スペイシーと業務提携をおこない、飲食店のデッドタイムを収益化するスペースイノベーションサービスを開始いたしました。このスペースイノベーションサービスは、お客様をおもてなしする個室やWi-fiなどのインターネット設備・待機している従業員を擁しながらも収益化が出来ない、飲食店のランチ・ディナータイムの間などの営業時間外(デッドタイム)の遊休スペースを、予約プラットフォーム『Spacee(スペイシー)』を活用してノマドワーカーへと貸し出しすることで、収益化が可能となるサービスです。初期・運用費用も無く、予約から決済までの全てがネット上で完結されるため、空室管理のみの少ない負担で収益の向上を狙えます。


[資料: リンク ]

 飲食店を中心とした店舗型ビジネスにおけるWEBソリューションサービスを展開する株式会社イデア・レコード(本社:東京都渋谷、代表取締役:柏田康雄、以下「イデア・レコード」)は、国内最大級のスペースマッチングサービスを展開する株式会社スペイシー(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:内田圭祐、以下「スペイシー」)と業務提携をおこない、飲食店のデッドタイムを収益化するスペースイノベーションサービスの提供を開始いたしました。


【背景】

 飲食店のビジネスにおいて、ホスピタリティの高い個室やWi-fiなどのインターネット環境を提供することは、顧客満足度・収益を高める為に重要な要素となります。
しかし、ランチ・ディナータイムの間などの営業時間外では、どんなに素晴らしい個室・設備を完備しても、遊休スペースとなり収益化することはできません。逆にテナント使用料や、待機している従業員などのコストもかかり、収益を逼迫させる結果となってしまいます。
イデア・レコードとスペイシーが提供するスペースイノベーションサービスを利用することで、飲食店が抱えるデッドタイムの遊休スペースをノマドワーカーへと貸し出し、本来収益を得ることのなかった時間帯も収益化していくことが可能となります。

また、オフィスを持たなかったり、社外での仕事を主とするノマドワーカーにとって、ワーキングスペースの確保は最重要課題です。オープンカフェ・貸し会議室・シェアオフィス・在宅などがよく利用されていますが、それぞれが抱える問題点は決して小さくありません。

・オープンカフェ・・・会話や作業内容などが周囲のお客様に見えてしまうため、"情報漏えいの危険性"が。
・貸し会議室/シェアオフィス・・・高価格、エリアが限定される・利用時間を細かく区切れない。
・在宅業務・・・急な打ち合わせが発生した場合など、移動に時間が取られる。

飲食店の個室スペースであれば、「個室で情報漏えいの危険を回避」「立地条件が良好でアクセスが抜群」「細かな時間貸しでコストを削減」などワーキングスペースが抱える問題の解決ができるため、ノマドワーカー側のメリットも大きく、十分なニーズを満たすことができます。

 イデア・レコードとスペイシーが提供するスペースイノベーションサービスは、質の高い個室スペースを遊ばせてしまっている飲食店と、会議や作業場所を探しているノマドワーカーを繋げる新たなソリューションサービスです。
飲食店運営者、ノマドワーカー双方の利害を一致させ、遊休スペースにイノベーションを起こします。

[資料: リンク ]


【スペースイノベーションサービスの3つの特長】
■個室スペースの管理・予約受付・決済までの全てがネット完結
スペース予約プラットフォーム『スペイシー』を利用したスペースイノベーションサービスであれば、個室スペースの管理から、予約受付・決済までの全てをネット上で完結させることが可能です。予約受付対応や当日のキャッシュの受け渡しなどの管理リスクも防げるため、飲食店運営者様は負担の少ない運用から収益を確保できます。

[資料: リンク ]

■営業時間外の遊休スペースをフル活用
飲食店としてお客様のおもてなしするために作りこんだ個室スペースやWi-fiなどのインターネット設備を完備したとしても、料理の仕込み時間やランチ・ディナータイムの間の休憩中など、営業時間外は遊休スペースとなってしまっています。
遊ばせてしまっている個室スペースをフル活用することで収益を生み、固定費の支払い負担の軽減などにつながります。

[資料: リンク ]


■初期・運用費用無しで低リスク運用
初期費用・運用費用が全て無料の成果報酬型サービスのため、運用開始のハードルが低く、少ない運用コストで売上の確保をおこなえます。
また、費用をかけること無く、利用するノマドワーカーへ向けて本来の飲食業自体の宣伝をおこなうこともでき、本業の利益向上への相乗効果を生むことも可能です。

[資料: リンク ]


【スペイシーとは】
■個室スペースの検索・予約プラットフォーム
Spaceeは、眠っている個室の価値を呼び起こす、個室スペースの検索・予約プラットフォームです。遊休スペースをSpaceeに掲載することで、高い利回りを実現いたします。
過去1年間での利用者は延べ数万人以上にのぼり、ノマドワーカーに注目されているサービスです。


【株式会社イデア・レコード 会社概要】
会社名:株式会社イデア・レコード
URL:リンク
所在地:東京都渋谷区代々木 1-21-12 ヤマノ25ビル4階・6階(総合受付)・7階
代表取締役:柏田 康雄
設立年月:2012年4月
事業内容:
WEBマーケティング事業
コールセンター事業
クラウド事業

【株式会社スペイシー 会社概要】
会社名:株式会社スペイシー
URL:リンク
所在地:東京都目黒区目黒2-11-3 HUB東京内
代表取締役:内田 圭祐
設立年月:2013年10月
事業内容:スペースマッチングサービス「Spacee.jp」の企画・開発・運営


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社イデア・レコード
担当者名:積 孝司
TEL:03-6300-5637
Email:t.seki@idearecord.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事