logo

プライスウォーターハウスクーパース、ロボティクス産業の成長を加速させるためのコンサルティングサービスを提供開始

JCN 2015年11月30日 14時00分
From JCN Newswire


TOKYO, Nov 30, 2015 - ( JCN Newswire ) - プライスウォーターハウスクーパース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:鹿島 章、鈴木 保晴)は、11月30日、ロボティクス産業の成長を加速させるためのコンサルティングサービスの提供を開始します。

少子高齢化、生産年齢人口の減少が進展する中、ロボット技術は、製造業の生産現場、医療・介護現場、農業・建設・インフラの作業現場などの幅広い分野で、人手不足の解消をはじめとした社会課題を解決する可能性を有しています。また、ネットワークの高速化や、人工知能を搭載したコミュニケーション能力を持つロボットも技術的に可能となり、情報通信/ハイテク産業が一体となって次の産業革命を起こすことが期待されています。

そのような中、当社はロボットを活用したイノベーションを起こすことを目指す企業に対して、企画検討から導入・運用までトータルにサポートするコンサルティングサービスを提供します。また、さまざまな用途が期待される中、ロボット導入側の企業とロボット提供側の企業とのニーズをマッチングさせる役割を担うことで、ロボティクス産業の育成を加速させるための一翼を担います。

ロボティクス産業内での当社の役割
画像: リンク

■ ロボット活用を検討する企業への導入支援

ロボットの導入を検討している企業に対して、コンセプトデザインから、導入までの一連のプロセスをトータルにサポートするコンサルティングサービスを提供します。また、ロボットの導入に付随して必要となる情報システムや業務システムの変更などを含めた情報基盤全体のデザインをサポートします。

- ロボット活用のための導入検討支援
- 導入後の投資対効果分析支援
- ロボット導入後の組織・オペレーション設計

■ ロボティクス事業参入を検討する企業へのコンサルティングサービス

情報通信/ハイテク産業やロボットベンチャー企業に対して、法人市場でのニーズを踏まえた、ソフトウェア開発の企画構想や開発・ロボット事業参入に向けた事業企画ならびに事業立ち上げの支援を行います。さらに、ロボットベンチャー企業に対しては、事業計画の作成から資金調達などの企業運営面も含めてサポートし、IPOを目指すベンチャー企業の育成を実施します。

- ロボット事業戦略の策定支援
- 事業計画の策定支援
- ソリューション開発の支援
- 資金調達支援

■ ロボティクスに関係する事業者・団体との連携をサポート

ロボティクス産業育成を目指す各団体や事業者と連携し、ロボティクス事業発展に向けた共創ならびにビジネスマッチングのアレンジを実施します。

- 新ロボットの開発に向けたマッチング・協業のアレンジ
- 技術提携ならびに共同開発の運営支援
- 販路提携ならびにビジネスマッチング

プライスウォーターハウスクーパース株式会社について

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、ディールアドバイザリーとコンサルティングを提供する国内最大規模のコンサルティングファームです。M&Aや事業再生・再編の専門家であるディールアドバイザリー部門と経営戦略の策定から実行まで総合的に取り組むコンサルティング部門が連携し、クライアントにとって最適なソリューションを提供しています。世界157カ国、208,000人以上のスタッフを有するPwCのネットワークを活かし、国内約1,700名のプロフェッショナルが企業の経営課題の解決を支援しています。 www.pwc.com/jp/advisory

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事