logo

グローバルメール配信サービス「MailUp」の管理画面利用時のレスポンス遅延を50%低減した事例を発表

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン 2015年11月30日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年11月30日

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン

グローバルメール配信サービス「MailUp」の
管理画面利用時のレスポンス遅延を50%低減した事例を発表
世界中のユーザエクスペリエンスが向上し非英語圏でのビジネス拡大に寄与

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン(本社:東京都新宿区、以下CDNetworks)は、MailUp S.p.A(本社:イタリア、クレモナ 以下MailUp)が提供するクラウド型のメール配信サービスの配信プラットフォームにCDNetworksのCDNサービス「ダイナミック・ウェブ・アクセラレーション(以下、DWA)」を導入した事例を発表します。

導入前課題:
- 管理画面利用時のレスポンス遅延やタイムアウトの頻発
- 自社ウェブサーバへのトラフィックの負荷の増大
- 非英語圏において競合社よりも配信パフォーマンスに劣る
導入後効果:
- 管理画面利用時のレスポンス遅延が50%低減しユーザエクスペリエンス向上
- 自社ウェブサーバへのトラフィックが半減しサーバ台数減でコスト削減
- サービス品質向上で日本やインドネシアなど非英語圏を含む新規市場の開拓に成功
選ばれた理由:
- 信頼性、セキュリティ、配信速度の点でCDNetworksが最も優秀だった
- 短期間でスピーディーなサービス導入が実現できる高い技術力を保持していた

事例ページ:リンク

MailUp ITマネージャ ミケーレ・カッペリーニ 氏のコメント:
「CDNetworksのおかげで、私たちのメール配信プラットフォームは、レスポンス遅延やタイムアウトが発生することなく、お客様の期待に沿った安全なサービスを、世界中どこへでも提供することができます」
CDNetworksは、これからもMailUpのサービスグローバル化を後押しし、より信頼性の高い、安全かつ高速な配信インフラの整備と提供に尽力いたします。

以上

- 導入されたCDNサービスについて
■ダイナミック・ウェブ・アクセラレーション(DWA):
リンク
海外をまたぐ、ウェブサイトやウェブアプリケーションのパフォーマンス向上に最適なサービスです。高度なキャッシュ機能に加えて、ミドルマイル(距離が長く、伝送容量が小さい)の通信プロトコルを最適化することで、動的コンテンツ(キャッシュ不可なコンテンツ)や、アップロードも含めた双方向通信のパフォーマンスを向上します。

About CDNetworks
CDNetworksは、コンテンツ・デリバリ・ネットワーク(CDN)サービス専門企業として、世界中に分散配置する160を超える配信拠点(PoP)において日々40,000以上のウェブを高速化しています。独自開発のグローバル高速配信プラットフォームを活用した大規模なサービス力で、エンタープライズ・アドテク・ソフトウェア・eコマース・ハイテク・メディアおよびゲームなど幅広い業界のお客様へサービスを提供しています。中国や東南アジア、そしてインド、中東、ロシア、アフリカ、中南米などの新興市場においても自社PoPによって企業のグローバルな配信をサポートしている、唯一の、そしてアジア最大級のグローバル企業です。2000年に設立されたCDNetworksは、日本・韓国・中国・シンガポール・英国、そして米国にオフィスを構えています。詳細については、リンクをご覧ください。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。