logo

31歳若手クリエイターに、多くの企業からブランディングのオファーが続々! お客様、企業、社員をつなぐ「本当のブランドのつくり方」とは?

株式会社ホールハート 2015年11月30日 10時49分
From PR TIMES

イベント情報サイト「buddyz(バディーズ)」が、数々のブランディングを手掛ける若手クリエイティブディレクター長田敏希氏を直撃取材

イベント情報サイト「buddyz(バディーズ)」を運営する株式会社ホールハート(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:小野進一)は、クリエイティブディレクター長田敏希氏のインタビュー記事「『ブランドの役割とは?』~企業課題をデザインで解決!? Vol.2~」を公開しました。



[画像: リンク ]



31歳という若さにして、多くの企業のブランディングを担当している、クリエイティブディレクターの長田敏希さん。buddyzでも、「今求められているデザイン」についてインタビューさせていただきました。長田さんは今年、グッドデザイン賞も受賞するなど、活躍の幅をますます広げています。

そこで今回は、長田さんのインタビュー第2弾として「ブランドの役割」についてうかがいました。クライアントと中長期的に付き合い、強いつながりを持ってブランド構築に挑む長田さん。広告のクリエーターという枠を超えた彼が、自らの仕事を通して思う「ブランドの役割」とは? 
ブランディングに興味のある方、自社のブランディングでお悩みの方におすすめしたい内容です。


>>クリエイティブディレクター長田敏希氏が語る「ブランドの役割とは?」~企業課題をデザインで解決!? Vol.2~
リンク


<buddyzとは>
buddyz(バディーズ)はコミュニケーション業界人のための学びと交流のプラットフォーム。「コミュニケーション業界」とは「広告業界+インターネット業界」を指します。業界トップランナーによるトークセッションや、業界横断でネットワークを広げられる交流パーティーなど、ワクワクするようなイベントが次々に生まれていきます。新たなコミュニケーション空間を存分にお楽しみください。
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。