logo

カタール航空が日本便運航の変更を発表

カタール航空 2015年11月30日 11時13分
From 共同通信PRワイヤー

カタール航空が日本便運航の変更を発表

AsiaNet 62365

カタール航空が日本便運航の変更を発表

【大阪2015年11月30日PRNewswire】
大阪-ドーハ路線 2016年3月31日をもって当面運休

カタール航空は2005年3月31日より運航してきた大阪-ドーハ線を、この度、営業上の理由から2016年3月31日をもって、当面運航を停止することを発表した。

同社は2016年1月12日より大阪-ドーハ線直行便を現行の週7便から週5便に減便し、2016年3月31日をもって、大阪-ドーハ路線を運休する。影響を受ける旅客には、カタール航空カスタマーサービス部を通じて振り替え等の対応をする。カタール航空は多大なご迷惑をかけることを心よりお詫びする。

カタール航空の東京線は羽田国際空港、成田国際空港とも毎日の直行便運航を継続する。

ドーハ-大阪・関西の最終直行便は2016年3月31日のQR802便になる。大阪・関西-ドーハ最終直行便は同3月31日22時40分発のQR 803便で、4月1日04時40分にドーハ・ハマド国際空港に到着する。

▽2016年1月12日から3月31日までのドーハ-大阪線運航スケジュール
火曜と土曜を除く毎日
QR802便 ドーハ発01時40分、大阪着16時55分
QR803便 大阪発22時40分、ドーハ着04時40分(翌日)

▽編集者注
カタール航空はカタール国の国営航空会社で、世界で最も急速に成長、最新機材を保有する航空会社の一つである。現在、同航空は設立18年目を迎え、173 機の最新機材を保有し6大陸152の主要なビジネス都市およびリゾート地へ運航している。

カタール航空は2015年Skytrax賞でAirline of the Year、Best Business Class Airline Seat、Best Airline in the Middle Eastに選ばれた。同航空がAirline of the Yearに選ばれたのは3回目。

カタール航空はOneWorld(ワンワールド)に加盟している。OneWorldはSkytraxによりWorld's Best Airline Alliance(世界最優秀航空連合)に3年連続で選ばれた。カタール航空はOneWorldに加盟した中東湾岸諸国初の航空会社で、世界150ヶ国以上、毎日14,250便のフライトにより、1,000ヶ所を超える空港へのネットワークを提供している。カタール航空カーゴは世界で3番に大きい国際貨物航空会社で、最新技術を装備したドーハのハブを経由して世界中の40以上の地点に貨物専用便を運航しているほか、173機で世界の150以上の主要なビジネス都市およびリゾート地に貨物を空輸している。カタール航空カーゴの機材は現在、6機のエアバス330、8機のボーイング777貨物輸送機、1機のボーイング747貨物輸送機などである。

カタール航空は最近、機内エンターテインメントシステムのために改良されたインターフェースOryx Oneを導入し、飛行中に楽しめる映画やテレビショーを950本から最大2000本に拡大した。

詳細はホームページ(Photo - リンク )、またはFacebook、Twitter、Google+、Instagram、YouTubeのサイトを参照。

カタール航空の企業イメージに関しては以下を参照。
リンク


Logo - リンク

ソース:Qatar Airways

(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事