logo

Pepper × Twitter ! Pepperの新アプリケーション 「Twipper(仮称)」を開発

株式会社アイネス 2015年11月27日 17時54分 [ 株式会社アイネスのプレスリリース一覧 ]
From Digital PR Platform


 導入したPepperの活用の幅を広げ、お客様との接触機会を増やすために良い方法はないか。
 そんなお悩みを解決するのが、アイネスが開発した「Twipper(ツイッパー)」です。
 PepperとTwitterの機能を合わせて開発された「Twipper」は、PepperがTwitter上の最新ツイートをお知らせしてくれるアプリケーションです。
 ニュースやスポーツ、興味のある商品やお店の名前など、気になるキーワードをPepperの胸のタブレットに入力すると、PepperがTwitter(ツイッター)上の最新ツイートをタブレットに表示しながら読み上げてくれます。

 一定時間ごとに自動で最新のツイートを表示し読み上げてくれるので、一度キーワードを設定するだけで、Pepperが次々と新しい情報をお知らせしてくれます。


【このようなお悩みに】

(1)Pepperをもっと有効活用したい
 店舗に導入したPepperの一日の稼働時間はどれくらいでしょうか?
 何もしていない時間はありませんか?
 せっかくPepperを導入したのに、何もしていない時間があるのはもったいない!
 「Twipper」を使うことで、空いた時間にPepperがTwitterを検索し、新しい情報を提供し続けてくれます。

(2)コミュニケーションの活性化
 店舗でPepperが一生懸命おしゃべりしていても、なかなか耳を傾けてもらえない。
 人どうしのコミュニケーションに波及しない。
 そんな場面はありませんか?
 「Twipper」を使うことで、Pepperが紹介する最新のツイートからコミュニケーションを生むことができます。Pepperが次々と話題を提供してくれるので、サービス提供側とお客様、お客様同士のコミュニケーションを活性化します。


【活用例】

(1)Pepperを情報提供ツールとして活用する
 ・駅で電車の運行情報を提供
 ・レストランで食に関する話題を提供
 ・ショップで季節ごとのトレンド情報を提供
 ・役所や公民館などで各地域の防災情報を提供 など

(2)Pepperにコミュニケーションのきっかけを作ってもらう
 ・Pepperの声でお客様へ呼びかけ
 ・Pepperのおしゃべりをきっかけにサービスを紹介
 ・コミュニケーションを活発化させて購買を促進
 ・視覚に障害のある方とも音声でコミュニケーション など


 
※ 本文に掲載されている会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。


【お問い合わせ先】
 下記URLより、お問い合わせください。
 リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事