logo

航空宇宙・防衛産業向けの試験・計測市場、2019年までに年平均成長率4%で成長へ

フロスト&サリバンは航空宇宙・防衛産業向けの試験・計測市場に関する分析をまとめました。現在、航空宇宙・防衛業
界向けの試験・計測・検査機器のニーズが増大しつつあり、特に電子検査機器および寸法測定機器ソリューション市場
の成長が予測されています。フロスト&サリバンの調査分析「航空宇宙・防衛産業向けの計測・測定・計装の世界市場
分析」によると、航空宇宙・防衛産業向けの計測・測定・計装の世界市場は、2014年から2019年にかけて年平均成長率
(CAGR)4%で成長し、同市場規模は2014年の31億8000万米ドルから、2019年までに38億7000万米ドル規模に成長
する予測となっています。今回の調査では、航空宇宙・防衛産業向けの電子検査機器と寸法測定器の2種類のセグメン
トを対象としています。

「最新の技術を活用する様々な産業においてモジュール式が現在の主要なトレンドとなっており、航空宇宙・防衛産業も
例外ではありません。モジュール式は航空機デザインの主な構成要素であり、拡張性と柔軟性を持つ側面から、航空機
のエンジンシステムにはモジュラー・コンポーネントが好まれます」と、フロスト&サリバンの計測・測定部門の産業アナリ
スト、プラジマ・ボンマカンティは述べています。

防衛費の引き締めにより、航空宇宙・防衛産業は新たな資本設備に向けた投資を控える傾向にあります。この様な状況
は、不確かな経済状況や価格引下げの圧力に伴い、計測・測定・検査の世界市場の成長に影響を及ぼす可能性もあり
ます。顧客は従来同様に、大手の検査機器ベンダーを選ぶ傾向にあるため、特に中小規模のベンダーは厳しい状況に
置かれる可能性もあります。

電子機器の普及や価格の引き下げによって、エンドユーザーは性能が向上した製品が存在する場合でも、魅力的な価
格のソフトウェアやハードウェアを引き続き求める傾向にあります。また、顧客はより豊富なサービスやサポートを提供す
る測定・検査機器を求めています。

「既存のシステムの大幅なアップグレードに注力し、処理能力をさらに改善するために新しい装置を導入することで、計
測・測定・試験機器ベンダーに新たなビジネス機会をもたらすことが期待されます。使いやすく、設置に必要な時間が最
小限で済む検査機器は、高く評価されます。この様な性能を備え、エンドユーザーの技術に対応した検査機器を提供す
ることで、ベンダーは市場でのポジショニングを大幅に改善できるでしょう」と、ボンマカティは述べます。

▼お知らせ:12月2~4日開催の「計測展 2015 Tokyo」にてブース出展ならびに講演を行います。
■「計測展2015 Tokyo」開催概要
会期: 2015年12月2日(水)~12月4日(金)10時 ~ 17時
会場: 東京ビッグサイト(有明:東京国際展示場)西1・2・3・4ホール・アトリウム
入場料: 1,000円(消費税込み)/ 学生 無料 ※事前登録者または招待券持参者は無料
主催: 一般社団法人 日本電気計測器工業会(JEMIMA)
弊社ブースコマ番:号P4-03
公式URL:リンク  来場事前登録:リンク  

■弊社セミナー開催情報:
日時 :12月4日(金) 11:00~11:50
会場:東京ビッグサイト 西ホール4F 展示ホール内セミナー会場E
講演タイトル:「計測業界の未来を築くグローバルメガトレンドとビジネスの再構築」
話者: 金原マリアノ(フロスト&サリバン 計測部門インダストリーアナリスト)
▽講演詳細:リンク   
▽聴講予約(無料):リンク


フロスト&サリバンについて
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。 www.frostjapan.com

本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社 担当:辻
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23階
電話:03-4550-2215/FAX:03-4550-2205/E-mail: anna.tsuji@frost.com
 URL: www.frostjapan.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事