logo

銀聯国際(UnionPay International)が特典プログラム「世界の厳選観光地40」始動

銀聯国際(UnionPay International) 2015年11月26日 15時51分
From 共同通信PRワイヤー

銀聯国際(UnionPay International)が特典プログラム「世界の厳選観光地40」始動

AsiaNet 62677 (1545)

【上海(中国)2015年11月26日新華社=共同通信JBN】銀聯国際(UnionPay International)は11月25日、「40 Selected Tourist Destinations Worldwide(世界の厳選観光地40)」を立ち上げたと発表した。これから2016年2月29日まで、世界のUnionPay(銀聯)カード(62で始まるカードナンバー)の持ち主は、世界の300を超える加盟店の最大15%割引などさまざまな特典を享受できる。このプログラムは、ショッピングモールやレストランなど従来の加盟店だけでなく、航空チケット、ホテル予約、公共交通、特別エンターテインメントの特典も盛り込み、旅行中のカード保有者の支払い体験を包括的に向上させる。

銀聯国際(UnionPay International)が発表した報告によると、中国観光研究所(CTA)は2015年の中国人海外旅行者の消費支出が1兆1000億元に達し、今後も着実に増加し続けるとみている。観光客の海外消費は、より妥当かつ多様なものになっている。ショッピングはいまも中国人観光客の海外支出の最大部分を占め、宿泊費、交通費がこれに続いている。エンターテインメント、ケータリング、アトラクションチケットの支出比率は年々増大している。中国人観光客が最も多く購入する商品として、生活必需品が徐々に高級品に取って代わりつつあり、地方のレジャー、エンターテインメント・プログラムへの支出は伸び続けている。

この報告はまた、大規模、高頻度、より多様化な目的地というグローバル観光旅行の新たなトレンドを紹介している。さらに、報告によると、香港、韓国、日本などUnionPay(銀聯)カードが大々的に発行されている市場では、住民も旅行するときにUnionPay(銀聯)カードを頻繁に利用し、特別オファーと特典を楽しんでいる。

このプログラムには2つの明確な特徴がある。第1に、より多くの観光地をカバーしている。従来の観光地に加えて、アンコールワット、ボラカイ島、ビンタン島、スリランカ、セーシェルなど観光客が新たに愛好する観光地もプログラムに含まれ、カード保有者の多様な旅行需要に応じている。第2に、参加加盟店がより多様化されている。ショップ、ホテル、レストランのほか、スパ、シャトー、ダイビングプログラム、ゴルフコース、ティーハウス、博物館、テーマパークなどの加盟店も含まれている。

現在、UnionPay(銀聯)の海外加盟店ネットワークは150カ国・地域に拡大し、観光客がよく訪れる観光地をカバーしている。銀聯国際(UnionPay International)は絶え間ないカードの利用範囲拡大に加えて、カード利用によるオファーと特典のグローバルシステムを豊かにすることも努力している。銀聯国際(UnionPay International)は毎年、一連の特典プログラムに着手して空港免税店、主要ビジネス街、観光地をカバーし、世界のカード保持者に豊かで最適化されたカード利用体験を提供している。

詳しい情報はリンク を参照。

ソース:UnionPay International

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。