logo

ハイセンスが中国初の独自開発のグラフィックスエンジン・チップを発売

ハイセンス 2015年11月26日 14時33分
From 共同通信PRワイヤー

ハイセンスが中国初の独自開発のグラフィックスエンジン・チップを発売

AsiaNet 62676(1544)

【青島(中国)2015年11月26日PR Newswire=共同通信JBN】中国企業の運命は、彼らが生産する製品を動かす中核技術の所有権にある。このような所有権は、機器一式に動力を供給する「心臓」である製品のチップから始まる。

ハイセンスグループ(Hisense Group)は26日、同社の独自開発のSOCレベルのグラフィックスエンジン・チップを特徴とする同社の多機能テレビが正式に発売したと発表した。これは、中国がカラーテレビ・チップについて国外の第三者に依存してきた時代の終わりを告げた2005年の中国初の独自開発によるカラーテレビ・チップの発売後の新たな成果を示すものである。

Photo - リンク

ハイセンスのチップ研究開発ディレクターであるジョン・シェン博士は「このチップは、LCDテレビ・スクリーンのダイナミックレンジならびにダイナミックコントラスト比、色域、鮮明度、動作の流動性を著しく向上させる。それは、中国での中核的な電子装置、高性能の汎用チップ、基本ソフトウエアの工業生産の結果である」と語った。

ハイセンスグループの周厚健会長は「自分自身のチップを持たない販売業者は、常に2流の販売業者であり、その独自の製品を明示することができない」と語った。最新のチップ製品は、ハイセンスを世界有数の販売業者の地位に引き上げ、ソニーやサムスンと並んで、世界のテレビ・ディスプレー技術の定義者かつ指導者にしている。同社はすでに世界の中・高性能テレビ市場でトップスリーのメーカーの1つになっている。

高性能テレビは、マスターチップとTCOMチップを装備されている。4Kと8Kのチップソースと放送の普及およびビデオ・ストリーミング・メディアの解像度の必要により、より大きなスクリーンはグラフィックスエンジン・チップを必要としている。この3つのチップの組み合わせは、相互依存かつ同時の作業を通じ、計算能力を著しく向上させることができる。ハイセンスは、この3つのチップと、他国の類似品のものよりもかなり安い生産コストで独自開発されたSOCレベルのグラフィックスエンジン・チップを利用している最初の中国企業であり、その市場競争力は強まっている。

ハイセンス・ハイビュー会長のフアン・ウェイピン博士は、同社の戦略はLED事業を最適化すことであると明らかにした。グラフィックスエンジン・チップの導入は、これまでの最善のグラフィックスエンジン製品であるULEDの中核的競争力をさらに向上させるものである。同社は、初年度は100万個のグラフィックスエンジン・チップを生産するものと期待されている。ホーム・アプリケーションに加え、ハイセンスは、グラフィックスエンジン・チップを医療、製図、映画モニターの分野に導入するつもりである。

ソース:Hisense

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事