logo

白馬八方尾根・白馬岩岳・つがいけ高原スキー場 2015-2016イベントスケジュールのご案内

白馬観光開発株式会社 2015年11月26日 13時06分
From Digital PR Platform


白馬観光開発株式会社(本社:長野県北安曇郡白馬村、代表取締役社長:高梨光、以下 白馬観光開発)では、運営する白馬八方尾根スキー場、白馬岩岳スノーフィールド、つがいけ高原スキー場の2015-2016シーズンスタートに先立ち、新設するゲレンデエリアと、今シーズンのイベントスケジュールをお知らせいたします。各スキー場のオープン日は降雪状況によりますが、12月初旬を予定しています。

当社が運営する3スキー場は、日本最大のスノーリゾートである「HAKUBA VALLEY」の一角を担っておりますが、今シーズンからはパウダーエリアやスノーパークを新設するなど、多角的なスノーリゾート化を進めています。さらに今年から、「なだ万」出身で「俺の」シリーズ料理長を務めた杉浦則文氏が3スキー場の総料理長に就任。味はもちろん、地元食材使用にこだわった新メニューを提供し、「ゲレ食」に革命をおこしていきます。
HAKUBA VALLEYは2015年5月、日本のスキーリゾートとして唯一、カナダのウィスラーやバンフ、米国のアスペン、フランスのシャモニー・モンブランなどの世界的に著名なスキーリゾートのみで構成されるアライアンス「The Mountain Collective(マウンテン・コレクティブ)」に加盟を果たしています。世界有数のスキーリゾートとして海外からも高く評価されるHAKUBA VALLEYは、オーストラリアを中心に外国人観光客の誘致も積極的に進めており、昨年は外国人スキー客の約30%増加を達成しています(対前年比)。
2018年に平昌(韓国)、2022年に北京(中国)で冬季五輪が開催されるなど、アジア圏でも今後ますますウインタースポーツが盛り上がりを見せることも予想されています。当社も2015年4月に白馬八方尾根スキー場と2022年北京五輪のアルペンスキーのメイン会場となる河北省のスキー場「密苑雲頂楽園」との友好交流提携を締結するなど、インバウンド需要のさらなる活性化に力を入れています。

■白馬八方尾根とつがいけ高原、パウダーエリアを新設!
白馬八方尾根スキー場では「黒菱オフピステ-URAKURO-」、つがいけ高原スキー場では「TSUGAPOW DBD(ツガイケパウダー・ダブル・ブラック・ダイヤモンド)」というパウダーエリアが新設されます。
近年のバックカントリースキーの人気により、日本国内だけでなくオーストラリアを中心とした海外からも「白馬の上質なパウダースノーを存分に楽しみたい」というスキーヤー・スノーボーダーが増加傾向にあります。一方で、バックカントリーには雪崩事故・遭難というリスクもあり、ブームとともに事故の発生は多くなり社会問題化していることも事実です。
 このような背景のもと、「黒菱オフピステ-URAKURO-」(白馬八方尾根スキー場)と「TSUGAPOW DBD」(つがいけ高原スキー場)を新設することを決めました。どちらもゲートコントロールエリアとなっており、世界有数とされる白馬のパウダースノーをお楽しみいただけるエリアとなっています。「白馬のパウダースノーを楽しみたい」というお客様の要望と、「より安全に白馬のパウダースノーを楽しんでいただきたい」という観点のもと、2つのパウダーエリアを新設しました。白馬岩岳スノーフィールドにも天然粉雪100%、6つのパウダーコースが有り、3スキー場すべてでスキーヤー・スノーボーダー待望の上質なパウダースノーコースを提供します。

■白馬岩岳、スノーアクティビティが楽しめるTAKEKOパークを新設!
白馬岩岳スノーフィールドでは、2016年1月上旬より新たに「TAKEKOパーク」を新設しました。「TAKEKOパーク」は、キッズから大人まで多彩なスノーアクティビティが楽しめるエリアです。ソリ・チュービング・ストライダーやスノーラフティングなどさまざまな雪遊びを提供し、スキーヤー・スノーボーダーだけでなく、幅広い層に楽しんでいただけます。キッズはもちろんですが、最近ではスノーデビューの場所として白馬を選ぶ外国人観光客も大勢いらっしゃいます。上級者だけでなく、TAKEKOパークで幅広い層にノンスキーでも雪を素材に存分に楽しめることを体感していただけるスノーパークとして提供させていただきます。

■HAKUBA VALLEYについて
「HAKUBA VALLEY」(ハクババレー)は、長野県白馬村・小谷村・大町市にまたがる11のスノーマウンテンエリアを表す総称として2014年2月に誕生したもので、ゲレンデ面積やコース・リフトの本数など、どの指標をとってもライバルスキー場の2倍以上の規模を誇る、日本最大のスノーリゾートです。1998年の長野冬季オリンピックの会場としても世界的に名を知られ、白馬の世界最高品質のパウダースノーと多彩なコースは、国内のみならず海外のスキーヤー・スノーボーダーから高く評価されています。 
2015年5月には、日本のスキーリゾートとして唯一、世界的水準のスケールやリゾートとしての格が認められ、世界のトップスキーリゾートのアライアンスである「The Mountain Collective(マウンテン・コレクティブ)」への加盟が認められました。このマウンテン・コレクティブにはカナダのウィスラーやバンフ、米国のアスペン、フランスのシャモニー・モンブランなどが加盟しており、冬季五輪開催実績のあるリゾートが白馬を含め4ヶ所も含まれるなど、規模・スキー場としての品格・品質、どれをとっても世界最大・最高級のスキー場のアライアンスです。
 白馬観光開発では、白馬八方尾根スキー場・白馬岩岳スノーフィールド・つがいけ高原スキー場というHAKUBA VALLEYの一角を担う3スキー場を運営しており、上質な白馬のパウダースノーが楽しめるコースはもちろん、白馬八方尾根スキー場の「すのっちゃお」や白馬岩岳スノーフィールドに新設した「TAKEKOパーク」など、スキーヤー・スノーボーダーだけでなく、キッズから大人までスノーアクティビティが楽しめるエリアを備え、多角的なスノーリゾート化を進めています。

■白馬八方尾根スキー場 2015-2016 イベントカレンダー
12/31 :カウントダウン2015-16
1/9 :すのっちゃお祭り
2/17-19 :第9回八方尾根学生技術選手権大会
2/20 :第46回八方尾根火祭り
2/29-3/1 :FISコンチネンタルカップ
3/3-4 :第70回八方尾根リーゼンスラローム大会
3/8-13 :第53回全日本スキー技術選手権大会
3月下旬 :ジャパンパラリンピック
4月上旬 :八方スプリングフェスティバル2016
※詳細は、白馬八方尾根スキー場 オフィシャルサイト(リンク)よりご確認ください。

■白馬岩岳スノーフィールド 2015-2016 イベントカレンダー
12/18-3/27 :岩岳山頂LiveCameraコンテスト
12/18-3/27 :森の妖精、隠れ「岳子」を探せ
1/14・1/28・2/4・3/3 :TAKEKOフラッグ宝探しTreasure Hunting
2/6 :岩岳感謝祭
2/14 :バレンタインデー2人の愛の雪物語2016 produced by TAKEKO
3/12-13 :痛板ゲレンデジャックオフ
3/14 :ホワイトデー2人の愛の雪物語2016 produced by TAKEKO
※詳細は、白馬岩岳スノーフィールド オフィシャルサイト(リンク)よりご確認ください。

■つがいけ高原スキー場 2015-2016 イベントカレンダー
1/17・2/7・3/6 :鐘の鳴る丘雪上もちつき大会
2/7・3/6  :栂池こども冬まつり
2/27 :第45回栂池高原雪の祭典
3/12-4/3、4/23-5/8 :栂池ヘリコプタースキー&スノーボード
3/12-5/5 :栂池自然園スノーシューハイク
※詳細は、つがいけ高原スキー場 オフィシャルサイト(リンク)よりご確認ください。





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事