logo

製造業の生産改革に向けた「IoT導入支援パック」を販売開始

IoT構想策定コンサルとクラウド型のデータ収集/管理/分析環境トライアルをパックとして提供 IoTプロジェクトの迅速な立ち上げを支援

株式会社日立コンサルティング(代表取締役 取締役社長:八尋 俊英、本社:東京都千代田区/以下、日立コンサルティング)と株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、日立グループ内外でのIoT(Internet of Things)導入実績を基に、企業のIoT導入を支援する「IoT導入支援パック」を本日から販売開始します。
「IoT導入支援パック」は、日立コンサルティングが提供してきたIoT構想策定支援を行うコンサルティングサービスと日立システムズが提供するクラウド型のデータ収集/管理/分析環境を短期間・低コストのトライアルパックとして提供するものです。

世の中のさまざまなモノがネットワークを通じてつながるIoT技術の進展により、新しいビジネスや社会生活に役立つサービスが創出されると期待されています。
その一方で、どんなデータを取得し、それをどのようにビジネスに活用すればよいかわからない、IoTを活用することで本当に利益につながるのか疑問という声も多く聞かれます。また、効果が出るかわからないものに大きな投資はできないとコスト面から導入を見合わせるケースもあります。

このような中、日立コンサルティングは日立グループ内外のプロジェクトに参画しIoTビジネス構想策定のノウハウを蓄積してきました。そのノウハウを「IoT構想策定テンプレート(*1)」として整備し、着実な効果を刈り取ることができるテーマ設定と迅速な計画策定を支援する「IoTビジネス構想策定コンサルティング」として企業に提供しています。
一方、日立システムズは、日立グループの情報・通信システム事業における中核企業として、あらゆる業種のお客さまにITサービスを提供すると同時に、IoT活用に必要となるデータセンター、拠点間ネットワーク、セキュリティ、「ファシリティ・モニタリングサービス」などを提供しています。

*1IoTを活用した期待効果とその実現にあたり必要な整備事項を活用ステージ毎に整理したドキュメント.

日立コンサルティングと日立システムズは、IoTの活用に向けた全体計画の策定とその効果を短期に検証したいというニーズの高まりを受けて、このたび、各社が提供してきたサービスやノウハウを活用した「IoT導入支援パック」を販売開始します。お客さまは本サービスを活用することで、IoTのビジネス活用に向けたテーマ設定、計画立案、検証、検証結果に基づく計画見直しといった一連のプロセスを短期間・低コストで行うことができます。また、データ収集/管理/分析環境は、日立システムズの「ファシリティ・モニタリングサービス」を活用し、セキュリティの確保された日立システムズのデータセンターから管理対象数、利用期間に応じたクラウド型で提供するため、大きな初期投資を行うことなく計画策定から効果検証までを実施できます。さらに、「IoT導入支援パック」の利用後、IoT本格導入にあたってのM2Mネットワークの構築や制御系システムセキュリティ、大規模データの保管といったニーズにも日立システムズが対応し、お客さまのIoT活用全体をサポートします。

日立コンサルティングと日立システムズは、今後も連携してより一層IoTへの取り組みを強化するとともに、IoTを活用したお客さまの新たな利益を生み出すビジネスモデル創出を支援します。
両社は主に工場やプラント設備を持つ製造業向けに「IoT導入支援パック」を拡販し、2018年度末までに累計50社への販売をめざします。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。