logo

MESSRING社が公式NHTSA AEBテストの設備を提供

MESSRING Systembau社 2015年11月25日 09時05分
From 共同通信PRワイヤー

MESSRING社が公式NHTSA AEBテストの設備を提供

AsiaNet 62656

MESSRING社が公式NHTSA AEBテストの設備を提供


【ミュンヘン2015年11月25日PRニュースワイヤー】

Wolf複合ソリューション/最新のUS NCAP規制を満たす

ストライカブル・サロゲート・ビークル(SSV)はNHTSAが米国で自動緊急ブレーキ(AEB)システムを試験するために使用する新しいテスト・システムです。2018年の時点で、US NCAP(新車アセスメント・プログラム)は、すべての新車の評価基準で推奨される安全技術としてAEBを採用する予定です。テストでは、SSVは検査サンプルのアシスト・システムおよびブレーキや回避機動を動作させる試験によって登録された、車両前方のシミュレーションを行っています。SSV'sの主な構成は、車両後端部分を現実的に模倣した、カーボン・ターゲットです。


     (写真: リンク

     (写真:リンク


業界は依然として米国と欧州連合の試験方法の違いを議論する一方で、ドイツの衝突試験設備メーカーのMESSRING社はすでに、ヨーロッパやアジアにおいて議論の余地のない標準となっている独自の牽引システムにSSVを採用しています。

アメリカの炭素繊維を専門とするウルフ・コンポジット・ソリューションズ(NHTSAの開発パートナー)との共同努力で、両方の試験方法に従ったテストを可能にする新しいハイブリッド・ソリューションをもたらしています。また、SSVターゲットを、堅牢かつ正確にガイドされたMESSRINGからのEuroNCAP牽引システムの利点と組み合わせました。

ユーザーは変換作業をせずに、米国またはEuroNCAPテストの間で切り替えることができます。また、必要なテストシナリオにおいて最大限の柔軟性を提供し、試験コースに恒久的に設置されたトラックレールの形で、追加スペースの必要性を防いでいます。

ウルフ・コンポジット・ソリューションがサービスを供給するアメリカ市場に加えて、MESSRING社は欧州の従来の牽引システムの「ハイブリッド」ソリューションだけでなく、アメリカのSSVのNHTSAトラック・レール・システム両方のバージョンに向けた世界的な販売・サービスを取り扱うことになります。
リンク

報道関係問合せ先:
Petra Schlingensiepen
電話: +49/89-747-242-96
p.schlingensiepen@waechter-waechter.de


ソース: MESSRING Systembau社

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。