logo

上海で2016年3月に中国最大の家電見本市AWEを開催

China Household Electrical Appliances Association 2015年11月24日 18時25分
From 共同通信PRワイヤー

上海で2016年3月に中国最大の家電見本市AWEを開催

AsiaNet 62660 (1538)

【上海2015年11月24日PRNewswire=共同通信JBN】Appliance & Electronics World Expo (AWE)が2016年3月9-12日、上海の新国際博覧センターで開催される。この見本市では10万平方メートル以上の会場に推定600の出展者が2万以上の製品を展示する。製品は家庭電器、環境・健康器具、スマート製品、台所・浴室用器具、白物家電、付属品、部品を含む。約15万人の入場者が見込まれる。

China Household Electrical Appliances Association (CHEAA)が主催するAWEは20年以上の歴史がある。AWEはCES、IFAと並び世界家電業界の3大見本市と呼ばれる。

▽AWEのブース配置
AWE2016はShanghai New International Expo Centreの7パビリオンで構成される。

W1: 白物家電と部品
W2とW3: 家庭電器と総合カテゴリー(有名ブランドの全製品ライン)
W4: 小型家電
W5: 環境・健康器具
E1: 台所・浴室用器具
E2: スマートホーム

展示者はハイアール、美的、サムスン、LG、シャープ、ボッシュ、シーメンス、パナソニック、日立、ワールプール、大宇、GREE、TCL、アリババ、JD.com、ハイセンス、Fotile、Robam、Embraco、Skyworth、ケルヒャー、アイロボットなど。

AWE2015のブース地図: リンク

▽スマートがAWE2016のキーワード
AWE2016の会場は10万平方メートル。スマートシステムの上流と下流の双方(モバイルインターネット、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなど)の企業が見本市に参加する。MIUI、Spotmau、Wulian、GizWits、Broadlinkや多くのスマート分野の他の企業がハイアールや美的のような家電メーカーとともに、スマートホームの傾向を示す。アリババとJD.comはスマートホームのコンセプトと現実を有機的に統合したスマートショールームを開発し、未来のスマート家庭生活を来場者に経験してもらう。

▽出展者のコメント

ハイアール・グループの梁海山会長:
中国メーカーの代表として、ハイアールは新たな変化と刷新を求めてスピードアップし続ける。AWEに参加するのは喜びだ。AWEは成長し続け、インターネット時代の刷新を奨励し、促進しながら成長し、ハイアールの新製品を展示し続ける。

JD Groupのラン・イエCMO:
当社は3年間、AWEに協力してきた。AWEは世界的影響力のある真に総合的な家電見本市になったと思う。JD.comはこのプラットフォームで、より多くの優れた企業と深く交流し、学び合いたい。

SHARP Electronics Sales (China) Co., Ltd.の酒井功社長:
シャープは将来、日本国内向けの輸入家電を紹介し続けることに加え、中国の消費者向けの製品をもっと提供する。より重要なのは、シャープは中国の利用者により適した製品を作り続けることだ。このため、AWEはわれわれの変わらぬ選択である。

Samsung Electronics China HQのジン・ヨンタク家電部門社長:
サムスンはAWE2015で最新製品を展示するため前例のない700平方メートルのパビリオンを投入し、全業界の注目を集めた。AWEは拡大し続けており、サムスンも参加を増大し続ける。

BSH Home Appliances Holding (China) Co., Ltd.のロランド・ガーケ社長兼CEO:
シーメンスは長年、AWEに参加しており、AWEが3大国際家電見本市の一つに成長するのを見てきた。AWEとの協力がシーメンスにとって素晴らしい選択であることを証明している。

オンラインでの登録を受け付けている。事前登録なら入場券は無料になる。

入場者登録: リンク
出展者登録: リンク
AWEビデオ: リンク
AWE公式ウェブサイト: リンク

▽問い合わせ先
Ms. Cara WANG
Tel: +86-10-6709-3609
Email: cara.wang@cheaa.com

ソース:China Household Electrical Appliances Association

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。